平井堅、武井咲主演ドラマ『Wの悲劇』主題歌に決定 「こんなに書いてて辛くなる曲は初めて」

リッスンジャパン / 2012年4月4日 18時0分

写真

ドラマ『Wの悲劇』の主題歌を担当する平井堅(Listen Japan)

4月26日(木)からスタートするドラマ『Wの悲劇』の主題歌に平井堅の新曲「告白」が起用されることが決定した。

平井堅 - アーティスト情報

『Wの悲劇』は、作家・夏樹静子原作による発行部数250万部を誇る名作ミステリーで、1984年には薬師丸ひろ子主演で映画化もされた人気作。今回新たにスタートする連続ドラマでは、女優・武井咲が、人間の持つオモテとウラの2面性を1人2役で演じている。

そんなドラマの主題歌に決定した「告白」は、“絶対的闇”“圧倒的絶望”をテーマに書き下ろされた楽曲で、プロデュース・編曲を亀田誠治が担当。本人が「こんなに書いてて辛くなる曲は初めて」と語るほど悲哀に満ちたナンバーで、日常にいまひとつ満足感が得られずにいる日本中の女性の心情を代弁した、平井堅流「おんな歌」とも言える作品に仕上がっているという。

平井は同曲について「『到底叶わないもの』があるからこそ、人は希望を捨てる事も絶対に出来ない」「『愛を求めながらも、手に入れることが出来ない、絶望的なまでの苦しみ、悲しみ』を女性の立場から描いた曲。どこかのフレーズに「あ、わかるわかる」なんて思って頂ければ、非常に嬉しいです。」とコメントを寄せている。

さらに同ドラマ挿入歌として、映画公開時の主題歌「Woman “Wの悲劇”より」をアコースティックカヴァー。松本隆×呉田軽穂(松任谷由実のペンネーム)”のゴールデンタッグによる名曲が、平井堅ならではの優しさ溢れるアレンジで蘇る。

主題歌「告白」は5月23日に35枚目のシングルとしてリリース、カップリングには挿入歌「Woman “Wの悲劇”より」も収録する。
なおシングルと同日には約4年ぶりとなるミュージック・ビデオ集『KEN HIRAI Films Vol.12』が発売されることも決定している。


【リリース情報】
■35th シングル「告白」
2012年5月23日リリース
・初回生産限定盤(CD+DVD):DFCL-1891-1892/¥1,365(税込)
[CD収録曲]
1.告白
2.Woman “Wの悲劇”より
3.告白 -less vocal-
[DVD収録内容]
平井堅本人出演のスペシャル映像を約30分収録予定

・フルヴォリューム盤(CDのみ):DFCL-1893/¥1,223(税込)
[CD収録曲]
1.告白
2.Woman “Wの悲劇”より
3.いとしき日々よ ~the repose of souls~<超豪華・大編成で別アレンジ>
4.お願いジュリー★remix(※仮タイトル)<『JAPANSE SINGER』収録曲をアノ大人気プロデューサーがremix!>
5.告白 -less vocal-

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング