「仲間の絆感じて」川島海荷、難病の野球部マネージャーを熱演

リッスンジャパン / 2012年4月5日 14時0分

写真

「仲間の絆感じて」川島海荷、難病の野球部マネージャーを熱演(Listen Japan)

NHK土曜ドラマスペシャル『あっこと僕らが生きた夏』の完成試写会が4日、都内にて行われ、ヒロインを演じた川島海荷、柳下大、宇梶剛士が舞台挨拶を行った。

本作は2007年の夏の甲子園にて、初出場ながらベスト8入りした大分県代表・楊志館高野球部の女子マネジャー・大崎耀子と部員らの絆をつづったノンフィクション作品。

自身2度目となる主演ドラマで川島は、16歳でがんが見つかり、17歳でその生涯を閉じた大宮耀子(通称:あっこ)を熱演し、「あっこちゃんの一生懸命生きる姿に希望を感じる作品になりました、仲間の絆を感じて下さい」とPR。

柳下は「この作品に本当に出演したいな、と思いオーディションを受けました。あっこちゃんの実家に行ったり野球部の方にも お会いしたりして、彼らの絆を意識しながら演じました」とコメント。
宇梶は「個人的に硬式野球もやってましたし、あっこちゃんの生き様に気持ちが揺さぶられて。今そこにあっこちゃんが生きている気持ちで作品を作りました」と述べた。

作品の主人公である あっこについて川島は「あっこちゃんは自分を持ってる芯の強い子。あんなに男の子に囲まれて中でも、マネージャーとして注意したりまとめたりするのは凄い」と語り、「負けず嫌いなところは私に似てるかな。私自身、寒い中での撮影でも『大丈夫です!』と気合で乗り越えたので(笑)つらくても周りの人に言わないようにしたり、失敗した野球部員を励まし続けたりした あっこちゃんに感動しました」と、主人公と自分を重ねあわせた。

9nine - アーティスト情報

『あっこと僕らが生きた夏』はNHK総合テレビにて4月14日(土)、21日(土)21時から前後編にて放送。


<『あっこと僕らが生きた夏』ストーリー> 
 
あっこ(川島海荷)の頭の中は、寝てもさめても野球部のことばかり。
そんなあっこの体に異変が起こったのは高校2年の6月。
首の痛みで検査を受けたところ「上咽頭がん」と診断されたのだ。 
 
命に関わる状態だと知らされショックを受けるあっこだが、甲子園を目指して練習する部員たちの姿に、自分も治療を頑張って、良くなって帰ってくることを誓う。
またキャプテン・信二(山田健太)たちは、あっこを甲子園に連れて行くことを約束するのだった。 
 
野球部が届けてくれるウイニングボールを心の支えに辛い治療を耐えるあっこ。
あっこのためにと確執を超え一丸となった野球部は遂に甲子園出場の栄冠をつかむ。
しかしその頃あっこの体は、甲子園にいける状況ではなくなっていた…。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング