TAK-Z、新曲「サクラ」が桜満開に比例してチャート返り咲き

リッスンジャパン / 2012年4月11日 18時0分

写真

新曲「サクラ」が注目を集めているレゲエシンガー・TAK-Z(Listen Japan)

3月7日に配信された次世代レゲエシンガー“TAK-Z”の新曲「サクラ」が、桜の満開とともに再び注目を集め、4月9日付のレコチョククラブフルサイトチャートで見事TOP10に返り咲いたことが明らかになった。

TAK-Z - アーティスト情報

3月14日付のウィークリーチャートで1位に輝いたものの、その後雨天が続くなど、花見をはじめとする桜=春を感じる時が少なかったせいか、一時TOP100圏外までランクを下げた同曲。しかし先週末からの桜の満開と花見のピークに比例するようにチャートが上昇、再度TOP10入りを果たすに至った。

TAK-Zは「今回のTOP10返り咲きはとても嬉しく思っています。」と喜びを語るとともに、沖縄で行われた同曲のPV撮影を振り返り、「実は2月に沖縄で桜が咲いているとの情報で撮影に行きました。桜は咲いていたのですが、沖縄入りしてからあいにくの大雨でとても撮影ができる状態ではなかった。そこで沖縄ならではの場所で撮影して帰らないか?とう話があり、急遽、A&Wという沖縄通の人なら知っているファストフードに店内で撮影させていただけないか?とお願いに行きました。とても温かい対応でOKしてくれて、僕が店員で働くという内容に急遽、変更しました。」と秘話を告白。

さらに「A&Wのスタッフが撮影中に何度もハンバーガーやポテトを差し入れしてくれたり、A&Wは大好きな店でしたが、何個ハンバーガー食べたか憶えてないです(笑)。そんな沖縄の方の温かさに触れている中、天候も少し回復し、何とか桜の前で歌うシーンもギリギリ撮影できました。是非、この「サクラ」を沖縄のライブで歌いたいですね。」と心温まるエピソードを明かしている。

リッスンジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング