ラッシュ、5年振りの最新スタジオ・アルバムが6月13日に日本発売決定

リッスンジャパン / 2012年4月12日 17時0分

写真

ラッシュ通算20作目のオリジナル・アルバムが6月発売決定(Listen Japan)

ロック・バンド、ラッシュが5年振り通算20作目の新作『クロックワーク・エンジェルズ』の詳細を発表した。

世界でもっとも名の通ったロック・トリオ、ラッシュ。レーベルをAnthem/Roadrunner recordsへ移籍して最初の作品となる本作のレコーディングは、グラミー賞受賞経験者で、過去にフー・ファイターズやデフトーンズの作品プロデュースでも知られるニック・ラスキュリネッツが前作『スネークス・アンド・アローズ』に続き参加した。

2010年4月より開始したレコーディングは、ナッシュビルにあるブラック・バード・スタジオ(Blackbird studios)で行われた最初のセッションで誕生した冒頭を飾る2曲「キャラヴァン」と「BU2B」を皮切りに順調に進められた。

Rush - アーティスト情報

収録曲の一部は制作中の合間に継続して行われていたワールドツアー「TIME MACHINE TOUR」で先駆けて披露されており、昨年の秋からはトロントにあるレヴォリューション・レコーディング(Revolution Recording)で制作を再開、2012年初頭にはハリウッドにあるオーシャン・ウェイ・スタジオ(Ocean Way Studios)で、デイヴィッド・キャンプベルのアレンジによるストリングス・セクションの録音が行われ完成に至った。

彼らの最新作『クロックワーク・エンジェルズ』は、自らの夢を追い求めながら世界を旅するある若者の物語で、スチームパンクや錬金術といった世界観も魅力の作品。失われた都市や海賊、アナーキスト、エキゾチックなカーニヴァルや、日々の生活といった描写の中には、機械のような精密さを要求する厳格なウォッチメーカーが登場するという。

この作品はサイエンス・フィクション作家のケヴィン・J・アンダーソンと、ラッシュのドラマーであり作詞家でもあるニール・パートの手によって小説化も予定されている。

ラッシュは『クロックワーク・エンジェルズ』からの最新シングル「ヘッドロング・フライト」を、USで4月19日より解禁。この最新作をサポートするフルスケールの北米ツアーの詳細も、近日中に発表する予定だ。なお本作は6月13日(水)に日本盤が発売されることも決定している。

【リリース情報】
RUSH『CLOCKWORK ANGELS』
1.Caravan / キャラヴァン
2.BU2B / BU2B
3.Clockwork Angels / クロックワーク・エンジェルズ
4.The Anarchist / ジ・アナーキスト
5.Carnies / カーニーズ
6.Halo Effect / ヘイロウ・エフェクト
7.Seven Cities Of Gold / セヴン・シティーズ・オブ・ゴールド
8.The Wreckers / ザ・レッカーズ
9.Headlong Flight / ヘッドロング・フライト
10.BU2B2 / BU2B2
11.Wish Them Well / ウィッシュ・ゼム・ウェル
12.The Garden / ザ・ガーデン

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング