森山直太朗、芸人“スギちゃん”に捧げる名バラードが話題に

リッスンジャパン / 2012年5月8日 15時0分

写真

お笑い芸人“スギちゃん”の為に制作した楽曲が話題の森山直太朗(Listen Japan)

森山直太朗が、TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』4月19日放送回にゲスト出演した際に披露した、お笑い芸人“スギちゃん”のために作った即興ソングが話題を呼んでいる。

番組後半、スタジオに登場したスギちゃんのため、その日のトークも踏まえ完成させた楽曲は、「ワイルドだぜの一言で僕の人生変わったけれど」「こんな思いをするならばつかまなければ良かったかもと」と彼の心境を美しいメロディにのせて切々と歌い上げる渾身のバラード。予想をはるかに上回る感動のナンバーに、目の前で聴いていたスギちゃんは大号泣、おぎやはぎも思わずもらい泣きし、誰もが想像し得なかった感動の展開となった。

その後「スギちゃんの歌」はリスナーの手によってYouTubeに公開され、放送から1週間で視聴数は合計10万回を突破、現在もアクセスを伸ばしている。

森山直太朗 - アーティスト情報

数々の名曲を生み出し続ける一方、今回のような一風変わった楽曲も人気の森山直太朗。4月に発売された最新アルバム『素敵なサムシング』では、FCバルセロナ所属のスペイン人サッカー選手の名を冠した収録曲「そしてイニエスタ」が注目を集めている。

同曲の中では、イニエスタを筆頭に、プジョル、メッシといったFCバルセロナの選手を緩やかな旋律に乗せてひたすら羅列。大のサッカーファンとしても知られる森山の愛が詰まったこのナンバーは、バルサファンを中心に大きな話題となっている。

現在ユニバーサルミュージックWEBサイト(www.universal-music.co.jp/moriyama_naotaro/)では、「そしてイニエスタ」の歌詞付き試聴動画を期間限定で公開中。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング