クラプトンや清志郎とも共演 ベーシスト、ドナルド“ダック”ダンが日本で逝去

リッスンジャパン / 2012年5月14日 14時0分

写真

名ベーシスト、ドナルド“ダック”ダンが来日中に逝去(Liste Japan)

60年代から現在までソウル・ミュージックの世界をリードし続けたベース奏者ドナルド“ダック”ダンが日本公演の翌日滞在先のホテルで亡くなった。70歳だった。

Booker T. and the MG's - アーティスト情報

1941年、米テネシー州メンフィスに生まれ、地元メンフィスの伝説的レコード・レーベル、スタックスの専属バンドのメンバーとして、オーティス・レディング、サム・アンド・デイヴ、ウィルソン・ピケットなどの歴史的録音に立会い、自身もマーキーズ、ブッカーT&ザMG’sなどのメンバーとして数々のヒットを記録した。

80年代前半にはるジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが主演し映画のヒットで一時代を風靡したブルース・ブラザーズ・バンドや、エリック・クラプトン、ニール・ヤングらのバンド、晩年には日本の忌野清志郎との共演などでも知られた。なおニックネームのドナルド・ダックは、アヒルのようにステージを歩く演奏スタイルに由来する。

なおドナルド・ダック・ダンは、12日まで東京都内で「STAX! スティーヴ・クロッパー、ドナルド“ダック”ダン&エディ・フロイド」公演に出演していた。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング