ART-SCHOOL、キューンミュージックに移籍 今夏には3年振りフルアルバムをリリース

リッスンジャパン / 2012年5月21日 21時0分

写真

キューンミュージックへの移籍を発表したART-SCHOOL(Listen Japan)

ロックバンド・ART-SCHOOLがキューンミュージックに移籍することを発表、今夏に3年振りのフルアルバムをリリースすることが明らかになった。

ART-SCHOOL - アーティスト情報

本日5月21日に、木下理樹・戸高賢史の2人体制にベース中尾憲太郎・ドラム藤田勇(MO’SOME TONEBENDER)をサポートメンバーに迎えた新体制初ライブ「DAY OF THE DEAD」を、渋谷クラブクアトロで開催したART-SCHOOL。

フリーライブとして行なわれた同ライブで超満員のファンを熱気の渦に巻き込み、バンド本来が持つポテンシャルの高さをみせつけた新生ART-SCHOOLだが、所属レーベルをポニーキャニオンからキューンミュージックへ移籍することを発表。

また今夏には、移籍第一弾作品として、NIRVANA「In Utero」など数々の名盤を生んだスティーヴ・アルビニのスタジオ「Electrical Audio」でレコーディングされたフルアルバムをリリースすることも決定した。

なお6月2日・3日には、SHIBUYA-AXにてASIAN KUNG-FU GENERATION・髭・STRAIGHTENER・The Mirraz、さらにはDJとして細美武士が両日参加する新体制のキックオフイベント「ART-SCHOOL presents『KINOSHITA NIGHT 2012』」を開催。同公演はチケットが即日完売しており、ロックシーンで彼らの活躍に注目が集まっていた中、今回の移籍発表となった。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング