AeLL. 「北砂アイドルフェスタ」のトリに登場、ノリノリライブで観客魅了

リッスンジャパン / 2012年5月27日 17時0分

写真

AeLL. 「北砂アイドルフェスタ」のトリに登場、ノリノリライブで観客魅了(Listen Japan)

「健康」・「エコ」・「環境問題」に真正面から立ち向かうアイドルという活動方針をかかげるアイドルユニット・AeLL.(エール)が26日、都内で「北砂アイドルフェスタ」に登場、ライブと握手会を行なった。

この日のイベントでトリを務めたAeLL.は、“Activity Eco Life withLove”をコンセプトに2011年1月1日から活動をスタート。リーダー“えりりん”西恵利香(23)、“あいちゃん”篠崎愛(20)、“はるるん”石條遥梨(18)、“もんちぃ”鷹那空実(18)の4人組で、オリコン最高位12位を獲得した4thシングル「ありがとうサヨナラ。」のCDジャケットや、各種ビジュアルで着用していたエスニック調の衣装でステージに登場すると、さっそく元気良くライブをスタート。

AeLL. - アーティスト情報

1曲目は、ライブのオープニング曲としておなじみの「Chu! Chu! 晴れるyeah」。ノリノリの曲で、立ち見を含め100人以上集まった会場のファンを盛り上げる。
歌い終えるとリーダーの“えりりん”が、まずは、「Activity Eco Life with Love!、AeLL.です!」と、おなじみの自己紹介。メンバーそれぞれの自己紹介に続いて、2月11日に発売された4thシングルの「ありがとうサヨナラ。」と、「ムーンライト」の2曲を続けてパフォーマンス。「ありがとうサヨナラ。」では、途中からテンポアップして、サビの終りにはメンバーとファンが一体となって「ヒーハー!」の大合唱。
続く「ムーンライト」では、恒例となっている、ステージ上のメンバーのダンスに合わせて客席のファンが一体となって行うEXILEのような渦巻きムーブも起きた。この日初めてAeLL.を見た観客たちも、熱烈なファンの盛り上がりにすっかり引き込まれ、笑顔でステージに手拍子を送る。

3曲を終えたMCでは、6月以降の西日本ツアーの告知、この日全国公開となった“あいちゃん”出演中のホラー映画「骨壷」の告知などがあり、続けて、8月に開催される「TOKYO IDOL FESTIVAL 2012」(TIF2012)への出演決定が報告されると、客席を埋めるファンから大喝采。
引き続き、4thシングルのC/W曲「JOY」、「HeavenlySky」の2曲をノリノリでパフォーマンスしステージ終了。ライブ後に行われた握手会では、約1時間半に渡って熱烈なファンと笑顔でコミュニケーション。ファンの中には、“あいちゃん”カラーのTシャツを着たチビっ子ファンもいて、AeLL.人気の幅広さを見せた。

6月の西日本ツアーで、さらに人気を全国区へと広げ、8月の「TIF2012」で大ブレイクを予感させるAeLL.。5枚目のシングルにも期待がかかり、ますます目が離せない。

メディア出演情報や、西日本ツアーを含む今後のスケジュールは、「AeLL.」オフィシャルブログ(ameblo.jp/aell-aell)を要チェックだ。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング