22歳のリアリティを歌うシンガーソングライター、宮崎薫がデビュー

リッスンジャパン / 2012年6月8日 16時0分

写真

話題のシンガーソングライター・宮崎薫がデビュー(Listen Japan)

デビュー前の無名の新人にもかかわらず大型タイアップとなった“マツダデミオ”のCMソングに抜擢された22歳のシンガーソングライター・宮崎薫が、6月6日にデビュー作となるミニアルバム『Graduation from me』をタワーレコード限定でリリースした。

V.A.(邦楽/Jポップ) - アーティスト情報

リサ・ローブやシェリル・クロウといった女性アーティストに通じる、90年代のオルタナフォークやカントリーを消化したアコースティックなギターロックサウンドが特徴的な今作。ゆとり世代ど真ん中を育った社会人1年生の宮崎が“ダメな今の私をそのまま歌った”という冒頭からの3曲は「今の私組曲」と自ら語るなど、等身大の“リアリティ”が綴られている。

今回の作品にはプロデューサーとして松岡モトキとシンガー・ソングライターの矢野まきらがクリエイティヴ面で参加し、前述の話題曲「君と空」を含む全6曲が収録される。アルバム後半には宮崎薫曰く「ダメな私を支えた3曲」という、andymoriの「革命」、サカナクションの「ネイティブダンサー」、[Champagne]の「サテライト」といった現行の音楽シーンを牽引する若手バンドの楽曲のカヴァーも収録。

7月には東京、大阪、名古屋、福岡の4か所で開催するタワーレコード主催の新人ショウケース・イヴェント〈NEW TOWER GENERATION 2012〉にも出演することも決定しており、そのパフォーマンスに期待が寄せられている。


■RELEASE INFO
宮崎薫 『Graduation from me』
2012年6月6日タワーレコード限定発売
¥1,500(tax in) TRJC-1005
【収録楽曲】
1. 君と空
2. Graduation from me
3. さよなら
4. 革命(andymori)
5. ネイティブダンサー(サカナクション)
6. サテライト([Champagne])
※カッコ内はオリジナル・アーティスト

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング