トム・クルーズがデフ・レパードなど80年代ロック名曲に挑戦 映画『ロック・オブ・エイジズ』プレミアイベントがLAで開催

リッスンジャパン / 2012年6月10日 13時0分

写真

トム・クルーズが80年代ロック名曲に挑戦 映画『ロック・オブ・エイジズ』プレミアイベントがLAで開催(c)2012 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC(Listen Japan)

ロックの大ヒットナンバーを集め構成された、ロック史上最強のミュージカルの映画化作品『ロック・オブ・エイジズ』。全米公開を前にトム・クルーズ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アダム・シャンクマン監督らが6月8日LAのチャイニーズ・シアターに結集しプレミアイベントが開催された。本作は9月21日(金)より日本公開されされる。

Def Leppard - アーティスト情報

ハリウッド・ブルバードを400メートルブロックし、60メートルのブラック・カーペットが敷きつめられ、劇中に登場するバーボン・ルームの他、今もサンセット大通りにあるウィスキー・ア・ゴーゴーなどのセットが飾られ、ゴージャス&ロックンロールの雰囲気を再現。

トム・クルーズはプレミア開始の1時間前に到着し、熱狂するファンたちにサインをしたり、一緒に写真を撮ったりと大サービス。 日本のファンに向けて 「コンニチハ。みなさん、お元気ですか?この映画の公開のために日本に行けたらいいなと思うよ。」とLAからメッセージを送った。

1日5時間、週5日のボイストレーニングを行いこのミュージカル映画に臨んだというロックスター ステイシー・ジャックスを演じたトム・クルーズ。その歌声は世界48カ国で配信される。日本では月曜日(6/11)からトム・クルーズが歌うデフ・レパードのカヴァー「シュガー・オン・ミー」がiTunes/mora/レコチョクで先行配信 されることが決定している。

プレミアイベントには、トム・クルーズ、ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボネータ、メアリー・J・ブライジ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マリン・アッカーマン、アレック・ボールドウィン、ポール・ジアマッティ、ラッセル・ブランド、アダム・シャンクマン監督といったキャストに加え、本作の楽曲などに関係のあるアーティスト、ジーン・シモンズ(KISS)、ジョシュ・デュアメル&ファーギー、デビー・ギブソン、ビリー・ボールドウィン、デフ・レパード、ポイズン、REOスピードワゴンや俳優のトビー・マグワイアなどが出席した。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング