感傷ベクトル『シアロア』ピクチャードラマに宮野真守ら人気声優が集結!

リッスンジャパン / 2012年6月29日 9時0分

写真

感傷ベクトル『シアロア』初回限定盤ジャケット画像(ListenJapan)

ハイブリッドロックサークル“感傷ベクトル”が、アルバムとコミックで8月3日に同時発売する『シアロア』を原作に、人気声優を配したピクチャードラマの制作を発表しました!

ボイスドラマ化されるのは、『シアロア』全10話のうち、第1話「ストロボライツ」、第2話「シルク」、第7話「ラストシーン」で、原作のストーリーを元にメンバーの春川三咲が脚本を、田口囁一が劇中音楽を新たに制作。『シアロア』の世界観をさらに深く楽しめる内容になるとのこと。各キャラクターを演じる声優キャストには、宮野真守、木村良平、細谷佳正、佐藤利奈、高橋美佳子、生田善子と、豪華な顔ぶれが集結。第一弾となる「シルク」は7月11日に動画サイトでの公開が予定されています。

また、「ストロボライツ」のビデオクリップがYouTubeにて公開中となっています。感傷ベクトルのメンバーによる実写の演奏シーンとアニメーションが交差する、2次元×3次元のハイブリッドムービーは必見。気になる人は今すぐコチラ(www.youtube.com/watch?v=CUybXos56Ks)にアクセスしよう。なお、「ストロボライツ」のビデオクリップは『シアロア』の初回限定盤に付属するDVDに収録されるとのこと。

そしてピクチャードラマは、音声パートをボイスドラマとして、アニメイト、メロンブックスでの『シアロア』購入特典CDとして提供されます。出演声優によるレコーディング時オフトークも収録された、限定配布のレア特典CDをゲットしたい人はくれぐれも予約をお忘れなく。

そしてこの度、参加声優陣(宮野真守さん、佐藤利奈さん、木村良平さん、細谷佳正さん、高橋美佳子さん、生田善子さん)によるコメントも到着しています!

Newtype アニメミュージックダウンロード

----

■参加声優コメント(※公開順)

・宮野真守さん (「シルク」「ストロボライツ」「ラストシーン」小西役)
まず“音楽”に心震えました。おしゃれながらも熱いサウンド、でもその熱さは激情ではなく、正に“感傷”。そしてその楽曲のメッセージに絶妙にリンクする物語。一話完結のオムニバスなのですが、実はどこか繋がっていて、『シアロア』で皆繋がっている。もっと次を読みたくさせる展開に引き込まれました。

・佐藤利奈さん (「シルク」森澤役)
収録した物語と音楽と漫画と…どういう風に融合していくんだろう!と、どきどき、わくわくしています。

・木村良平さん (「ストロボライツ」東役)
自分で演じることで、出来上がりにより大きな期待をもちました。あと、もっと長い尺でやってみたいな、と。

・細谷佳正さん (「ストロボライツ」渡瀬役)
Jロックの、ロック少年の青春みたいな、『色即じぇねれいしょん』が好きな僕にはたまらなかったです。

・高橋美佳子さん (「ラストシーン」由紀役)
凄く新しいジャンルだと思います。音楽と漫画を作り出すユニット…初めて聞いた時はびっくりしました。天才だと思いました!ここには夢が詰まっています。曲をかけながら台詞の練習をしたら、凄く刺さりました。曲をかけながら漫画を読むことをオススメします!

・生田善子さん (「ラストシーン」千波役)
演じる前の資料として、漫画、音楽に触れさせて頂きましたが、あっという間に世界感に引き込まれていきました。自分の青春時代・学生時代のホロ苦い思い出なんかも思い出しつつピュアな気持ちが胸いっぱいに広がってとても幸せな気持ちになれる現場でした。

----

2012.8.3 ON SALE

感傷ベクトル
Hybrid Album『シアロア』(SPEEDSTAR RECORDS)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング