HKT48、じゃんけん大会ラスト1枠に下野由貴、指原は今回も敗退

リッスンジャパン / 2012年9月17日 5時0分

写真

HKT48、じゃんけん大会ラスト1枠に下野由貴、指原は今回も敗退(C)AKS(Listen Japan)

HKT48が16日、福岡・博多のHKT48劇場にて「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会 HKT48敗者復活戦」をサプライズ開催した。本戦出場が決定していたHKT48研究生・江藤彩也香の活動辞退に伴い、出場者15名の中から残された1枠を賭けて行われた敗者復活戦にて勝利したのは下野由貴。これによりHKT48は中西智代梨、森保まどか、そして下野由貴の3名にて18日の本戦にて選抜入りを狙うことになる。

AKB48 - アーティスト情報

今回の敗者復活戦は観客はもちろん、メンバーにもサプライズで開催。公演終了間際、司会のレモンティー(吉本興業所属・予備戦でも司会を務めた)が登場すると、劇場内は騒然。「これより、AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会 HKT48敗者復活戦を行います!」の言葉に、劇場内は歓声に包まれた。

なお、以前に行われた予備戦の一回戦で敗れた指原莉乃は、今回、1回戦のシード権を獲得したものの、若田部遥(チームH)に2回あいこの末、惜しくも敗退した。


<下野由貴コメント>
敗者復活戦のサプライズには本当に驚きました。
前回の予備戦は勝とうという気持ちが強すぎて、空回りして負けてしまったので、今回は肩の力を抜いて挑みました。
結果、勝つことができたので、本戦もリラックスして楽しみたいと思います。
HKT48の代表として、選抜に入りたいです。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング