「氣志團万博」マッチ、あゆ、ユニコーン、金爆ら14組に5万人熱狂

リッスンジャパン / 2012年9月18日 19時0分

写真

「氣志團万博」にてオリジナルの学ラン姿で会場を沸かせた浜崎あゆみ(Listen Japan)

今年結成15周年を迎えた氣志團が、地域密着型ロック・フェスティバルと銘打ったライブイベント「氣志團万博2012」を、9月16日・17日の2日間にわたり地元・千葉県袖ケ浦海浜公園にて開催、同地域では最大規模となる5万人を動員した。

2年間の構想を経て実現したというこのフェスティバルは、「ありえない」とのテーマ通りバラエティ豊かなアーティスト陣が集結することでも話題となっており、氣志團団長・綾小路翔は「俺たちの地元にこんないっぱいの人たちが遊びに来てくれてほんとうにありがとう!ありえない超一流のアーティストたちも参加してくれてみんなも精一杯楽しんでくれ!!」と詰め掛けた観客に挨拶。

初日16日には、グループ魂を皮切りに、仙台貨物、小泉今日子、湘南乃風、ももいろクローバーZ、岡村靖幸と、ジャンルを超えた面々が次から次へと登場。さらに最大のサプライズゲストとして、綾小路憧れの人、マッチこと近藤真彦がリーゼント姿でステージに登場すると会場は騒然。降りしきる雨の中、マッチと氣志團の「ハイティーン・ブギ」コラボが実現した。

氣志團 - アーティスト情報

翌日の17日はゴールデンボンバー、ユニコーン、the GazettE、T.M.Revolution、VAMPSとまたもや豪華アーティストが一堂に会し、会場を大いに盛り上げた。
ラストには、“ありえない”コンセプトに最も当てはまるといっても過言ではない浜崎あゆみが、銀色のコートのような出で立ちで登場。a-nation以外のフェスに出演するのは今回が初という彼女は、演奏中、なんと衣装の下に着込んでいたオリジナルの学ラン姿を披露。「お前ら、ぶっこんで行くぞー!」と勢い良く会場を煽るパフォーマンスから、新曲「You & Me」を含む6曲を熱唱した。

イベントを締め括るべく登場した氣志團の綾小路翔は、参加アーティスト1組1組に敬意を評し感謝のコメントを述べ、浜崎に対しては「学ランってあんなにかわいくなるのか!あゆが着ていたWe Love 氣志團Tシャツがオークションに出されたときには家を売ってでも手に入れたいと思います!」と語り会場は笑いに包まれる。最後に公式テーマソングの「SUPER BOY FRIEND」を熱唱し、盛大な盛り上がりのなか2日間にわたるイベントは幕を下ろした。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング