【CD誕生30周年】収録時間を決めた「第九」などベートーヴェン・キャンペーンがスタート

リッスンジャパン / 2012年9月27日 16時0分

写真

カラヤンの進言で収録時間が決定?CD誕生30周年記念ベートーヴェン・キャンペーンがスタート(Listen Japan)

「ノイズがない」「持ち運びが楽」「劣化しない」”夢のディスク”と言われたCDも今年で誕生から30年!CDの収録時間は「ベートーヴェンの第九が一枚に入るのが良い」という巨匠指揮者カラヤンの発言がきっかけで決定したと言われているが、そんなCDの誕生30周年を記念し、ユニバーサル ミュージックでは「ベートーヴェンをCDで聴こう!」キャンペーンを開催、現代最高のベートーヴェン指揮者・ピアニストの一人、ダニエル・バレンボイムが世界に贈る『最新決定盤ベートーヴェン・ベスト』シリーズを発売する。

第1弾として9月26日に2枚組ベスト、5枚組交響曲全集、交響曲第9番「合唱」を発売。さらには第2弾として10月24日に3枚組ピアノ協奏曲全集、10枚組ピアノ・ソナタ全集をリリース。第九のみのCDを999円、5枚組は2,980円とたいへん求めやすい価格に設定し、第九の歌詞にはドイツ語のカタカナ読みを掲載。年末に向けた入門編としても最適な内容になっている。

Ludwig van Beethoven - アーティスト情報

「現代最高のベートーヴェン・プレイヤー」といっても過言ではない、今年70歳を迎える巨匠ダニエル・バレンボイム、そして、交響曲全集のオーケストラは、アラブとパレスチナの若者たちで構成されるウェスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラ。
政治・宗教の対立を乗り越え、第九の歌詞にもある「すべての人々は兄弟」「喜びに満ちたものを歌い出そうではないか!」という理念を実現し、世界中を感動の渦に巻き込んでいる。

「CD誕生30周年!ベートーヴェンをCDで聴こう」キャンペーンでは、期間中対象商品の購入者の中から、抽選でベートーヴェン・サイン入りTシャツをプレゼント。さらに、クイズに答えた方の中から、抽選で1名様に高級CDプレーヤーをプレゼントするといった企画も行なっている(応募期間は2012年9月26日から2014年1月31日)。対象商品、応募方法など詳細は特設サイトbeehoven.jpへ。

【ダニエル・バレンボイム(指揮、ピアノ) プロフィール】
1942年11月15日、 アルゼンチンのブエノスアイレスでユダヤ系ロシア人の両親のもとに生まれた。5歳の時からピアノを学び、
7歳の時にデビューした。その後モーツァルテウム音楽院で学び、1962年に指揮者としての活動も開始し、その後ベルリン・フィルハーモニー
管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニックを指揮するなど国際的な活動を始めた。1981年に《トリスタンとイゾルデ》を振ってバイロイト音楽祭に
デビューした。国立パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団の音楽監督を歴任し、1992年にシュターツカペレ・ベルリン、ベルリン国立歌劇場の
音楽監督に就任した。2007年にミラノ・スカラ座の首席客演指揮者に就任し(2012年に音楽監督への就任が予定されている)、2008年
には《トリスタンとイゾルデ》を指揮してメトロポリタン歌劇場にデビューした。

【リリース情報(CD)】
『歓喜の歌~最新決定盤ベートーヴェン・ベスト』
2012.9.26 On Sale
SHM-CD2枚組:UCCD-1341
1,980円(税込)

『最新決定盤ベートーヴェン・ベスト~交響曲第9番《合唱》』
2012.9.26 On Sale
CD:UCCD-9884
999円(税込)

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング