SEKAI NO OWARI、全25公演にわたる初のホールツアー閉幕

リッスンジャパン / 2012年10月12日 13時0分

写真

Fukase(Vo)とDJ LOVE@10月10日千葉・市川市文化会館大ホール Photo by 上飯坂一(Listen Japan)

SEKAI NO OWARIが、全国ツアー「HALL TOUR 2012 ENTERTAINMENT」の最終公演を千葉・市川市文化会館大ホールで開催し、約4万人を動員した初のホールツアーのファイナルを、1800人の観客とともに華々しく迎えた。

この日のステージは「スターライトパレード」からスタート。続く「虹色の戦争」では、Fukase(Vo)の「歌える?」との呼びかけに早速大合唱が沸き起こり、立て続けに披露された「天使と悪魔」で会場はぐんぐんとボルテージを上げていく。

「今日ファイナルだから、声出していこうよ」とのFukaseの言葉から演奏された「ファンタジー」では、Saori(Piano)の奏でる軽快なピアノのバッキングが心浮き立つような音像を作り出したかと思えば、「不死鳥」、「世界平和」では一転、ダークでシリアスな世界が繰り広げられる。

場内が圧倒されたように静まるなか、ステージ後方スクリーンには「2000年X月」という表示に続き、制服姿で金髪のFukaseとメガネのNakajin(Sound Produce, G)が映し出され、現在のバンドが出来上がるまでの秘話や、メンバーが0から作り上げたライブハウス「club EARTH」設立の想いなど、SEKAI NO OWARIの軌跡を辿るエピソードを披露。
映像が終わると、ステージ上にはなんとスクリーンと同じ“中学生コスプレ”姿の4人が登場。客席の歓声を受けつつ、「中学生の気持ちになって歌いたいと思います」というNakajinの言葉から、アルバム収録曲「炎の戦士」が演奏された。

SEKAI NO OWARI - アーティスト情報

Saoriの「もう1曲アッパーな曲行ってもいいですか?」という問いかけから、ライブの後半は「yume」からスタート。間奏のピアノソロでは、Nakajinが寄り添ってギターを弾くなど、メンバー同士の絆を感じさせる微笑ましい姿も見せながら、続く「花鳥風月」、「Never Ending World」では再びバンドのシリアスな面をあらわにする。

いよいよライブも終盤に差し掛かり、Fukaseが感慨深げに「ファイナルだよ、ありがとうございます」とこの日何度目かの感謝の言葉を口にし、「(1月からの)アリーナツアーには新曲を持っていきたいと思います!」と宣言すると、オーディエンスからは期待のこもった大きな歓声が。シャボン玉が会場中を包んだ「眠り姫」、「幻の命」、「深い森」と深遠な楽曲を披露し、本編は幕を下ろした。

アンコールでは、「Fight Music」に続き、「次の曲がこのツアーで本当に一番ラストの曲になります! 歌っていいですか!」というFukaseのシャウトから「インスタントラジオ」へ。会場中のファンから歌声と笑顔が溢れ、全25公演にわたるツアーファイナルはこの上ない幸せな空気のなか締めくくられた。

なおSEKAI NO OWARIは2013年1月から2月にかけて初の東名阪アリーナツアー「ARENA TOUR 2013 『ENTERTAINMENT』」を開催。本日10月12日(金)13:00からは、オフィシャルサイト(sekainoowari.jp/)にてチケットの2次先行予約がスタートしている。


<セットリスト>
01.スターライトパレード
02.虹色の戦争
03.天使と悪魔
04.ファンタジー
05.不死鳥
06.世界平和
07.Love the warz
08.炎の戦士
09.TONIGHT(アコースティックVer.)
10.yume
11.花鳥風月
12.Never Ending World
13.生物学的幻想曲
14.illusion
15.眠り姫
16.幻の命
17.深い森
<アンコール>
EN01.Fight Music
EN02.インスタントラジオ

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング