AKB48チーム4、千秋楽で涙「オリジナル公演がやりたかった」

リッスンジャパン / 2012年10月26日 0時0分

写真

AKB48チーム4、千秋楽で涙「オリジナル公演がやりたかった」(C)AKS(Listen Japan)

AKB48チーム4が25日、11月に行われる新チーム体制への移行に伴い、東京・秋葉原のAKB48劇場にて『チーム4「僕の太陽」千秋楽公演』を行った。

開演後、笑顔のチーム4メンバーは元気よくオープニング4曲を歌いあげ、自己紹介で島田晴香は「今日の16人を目に焼き付けて頂いて、皆さんの胸に残るような公演にしたいと思います!」と力強く挨拶。続けて第3回じゃんけん大会で見事センターを獲得した島崎遥香もファンに対し感謝の意を述べた。

「チーム4の思い出について」を お題として市川美織が話し始めると、お母さんのように見守っていた島崎が「フレッシュレモンの振付は私が考えたんです」と、メンバーですら知らなかった事実を暴露。市川は第二のお母さんと呼ぶ島崎と「フレッシュレモンになりたいの~」の振付をそろって披露し、客席は滅多に見ることのできないツーショットに大フィーバー。

AKB48 - アーティスト情報

その後アンコール曲に続き、チーム4になって初めてのチーム曲「走れ!ペンギン」と「エンジョイ4!」を全力で歌ったチーム4のメンバー。最後の1曲を残し、島田は「2011年6月6日にチーム4が結成されてから、チーム4は3つの初日を迎えています。『僕の太陽公演』初日の10月10日、大場美奈が帰ってきた1月4日、16人が揃っての劇場公演の4月30日…本当は、もう一つの初日、チーム4のオリジナル公演をこのメンバーでやりたかった、というのがみんなの本音だよね」と涙を浮かべた。

そして、「アリガトウ」を心をこめて歌い切ったあと、チーム4キャプテン大場は「こんなに仲良くなれたメンバー、いつもハラハラドキドキ見守っていてくれたスタッフのみなさん、そして、時に厳しく、時に優しく、何があっても見捨てないでいてくださったファンの皆さん。チーム4として出会ったこの絆は絶対に一生途切れません。これからも私達16人の応援を宜しくお願いします!」と、これまでの思い出を噛み締めながら最後の挨拶を行った。


◯AKB48チーム4「僕の太陽」公演
日時: 2012年10月25日(木)
出演:
阿部マリア・市川美織・入山杏奈・岩田華怜・大場美奈
加藤玲奈・川栄李奈・島崎遥香・島田晴香・高橋朱里
竹内美宥・田野優花・仲俣汐里・中村麻里子・永尾まりや・山内鈴蘭

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング