SKE48、“第二章”を告げるニューシングルを来年1月に発売

リッスンジャパン / 2012年11月19日 1時0分

写真

SKE48、“第二章”を告げるニューシングルを来年1月に発売(Listen Japan)

SKE48が18日、神奈川・パシフィコ横浜にて10thシングル「キスだって左利き」発売記念全国握手会を開催。その中にて、11thシングルを2013年1月30日にリリースすることを発表した。

握手会前のステージの中盤、松井玲奈から突然、「今日はみなさんに大切なお知らせがあります!」とのフリが入ると、会場に集まった1万人を超えるファンから大きな歓声が。そして、メンバーも見守る中、モニターには「SKE48 第二章始まる」の文字が大きく映し出され「どこにも負けない劇場が、栄にいよいよ誕生!」「空白の時間を埋める時が来た」との文字が、新劇場のイメージカットとともに流れる度に、会場の歓声は大きさを増し、「2012年12月9日SKE48新劇場オ ープン」と締めくくられると、ステージ上のメンバーにたくさんの声援と拍手が贈られた。

その後、モニターに「そして…」と続けられ、いったん収まった歓声が再び大きく復活。「2013年1月30日11thシングル発売決定」と大々的に映し出されると、メンバー自身も映像の内容までは知らされていなかったので、「えっ?」「1月?」などの声が上がった。なお、ニューシングルの詳細は追って発表される。

また、当日の握手会では、12月5日にリリースされるAKB48シングル29thシングル「永遠プレッシャー」Type-AにSKE48の楽曲としてカップリング収録される「強がり時計」のミュージックビデオをサプライズで初披露。

MVには、AKB48と兼任する北原里英もSKE48として初参加。MVに北原が映し出されると、会場から驚きの声が上がり、松井玲奈も「北原さんがSKE48の曲に参加してくれて不思議な気持ちもあります。でも本当に嬉しい。これから劇場での公演にも参加してくださると思うので楽しみです」とコメント。学園で繰り広げられる切ない失恋模様が描かれた内容にも注目だ。

SKE48 - アーティスト情報

<「強がり時計」参加メンバー>
大矢真那、木﨑ゆりあ、須田亜香里、中西優香、松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美(以上チームS)
石田安奈、小木曽汐莉、高柳明音、秦佐和子、古川愛李、向田茉夏、矢方美紀(以上チームKII)
木本花音(チームE)
北原里英(AKB48兼任)



<中西優香(チームS)コメント>
(新劇場、11thシングルについて) 劇場は工事中なので、私たちもまだ見ていませんし、ファンのみなさんと一緒の気持ちで楽しみにしています。新しい劇場で、また新しいSKE48の歴史を作っていきますので、応援よろしくお願いします。

11thシングルについてもまだ私自身何も分からないんですが、2013年のいいスタートが切れる作品になるよう、メンバー全員で臨みたいと思います。

(「強がり時計」について)ミュージックビデオは、メンバーはハンドボール部の設定なんです。しかも、なぜか私がキーパー役(笑)。メンバーのシュートを結構止めていたんですけど、(AKB48研究生時代の同期の)北原里英のシュートは速くて止められなかったです。北原はハンドボール経験者なんですよ。みんな楽しく遊んでいる中、ひとりだけガチでした(笑)。でもすでにSKE48にも馴染んで撮影を楽しんでいる感じでした。

あと、北原は泣くシーンもあって、実は撮影前「泣くお芝居は苦手」と心配を打ち明けられたんですけど、いざ本番になると、一発OK。さすがだなって感心しました。 AKB48シングルに収録されているというのが嬉しいですし、新しいSKE48が楽しめる作品だと思います。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング