℃-ute、冬ツアースタート、初挑戦のステッキ・ダンスで観客を魅了

リッスンジャパン / 2012年11月26日 15時0分

写真

℃-ute、冬ツアースタート、初挑戦のステッキ・ダンスで観客を魅了(Listen Japan)

℃-uteが24日、冬ツアー「神聖なるペンタグラム」を東京・渋谷公会堂にてスタートさせた。

ここ数年、ライブパフォーマンスの著しい向上が評判になっている℃-uteだが、今回のツアーも冒頭からグイグイ引き込んだ。会場では一気に火がついたように、色とりどりのサイリウムが振られる。

「今日が楽しみ過ぎて朝5時半まで眠れませんでした」(岡井千聖)、「初めてペンタグラムの意味を知ったんですけど、5本の棒で支え合って光り輝くステージにしたいです!」(矢島舞美)といったMCに続き、セルフカバーベストに収録した“2012神聖なるVer.”でのリアレンジ曲を披露する。

インディーズ1stシングルだった「まっさらブルージーンズ」から、よりアタック感が
強まった印象。ライブでは歌い続けてきた曲だが、オリジナル・バージョンをレコーディングしたときは小・中学生だったメンバーの成長が、改めてアップデートされたように感じた。四方とセンターに散らばった5人が、ステージ上手に集まり、センター、下手へと移動しながら歌う。「わっきゃない(Z)」では、拳を突き上げるメンバーに合わせて、観客たちが「ゼーッ!」とジャンプしていた。

そして、ライブは後半に。℃-uteはこれまでのツアーでもフラッグ・パフォーマンスなどに取り組んできたが、今回挑んだのはステッキ・ダンス。「FOREVER LOVE」暗転した場内でヘッドセットで歌いながら、光るステッキを回したり、またいだり。ターンしながらかざして、5人のステッキが瞬く星のようなペンタグラムを形作ると、「オーッ!」と歓声と拍手が起きた。

℃-ute - アーティスト情報

冬らしくスクリーンに光の雪が降る中「君は自転車 私は電車で帰宅」の冬アレンジ(スペシャルアレンジ・ウインターヴァージョン)を披露したり、ヒット曲やライブ定番曲でスパート。青いビキニスタイルの衣裳の5人がまぶしい。バラードはしっとりと聞き入らせ、アップテンポな歌には力強さも感じられた。早貴のキレのいいダンスも目を引く。時折りスクリーンに映るメンバーたちの笑顔は、自信が漂っているように見えた。

盛り上がりは最高潮に達し、会場一体となってタオルを回してフィナーレ。すかさずアンコールを求めて℃-uteコールが沸き起こった。JUMP(2012神聖なるVer.)の前奏が会場に響く中、ちょっと出てくるのが遅い? と思ってたところで、舞美が1人でステージへ。と、愛理と早貴が1階席、千聖と舞が2階席と、なんと客席に姿を現して歌い出した。超至近距離のサプライズに、会場は興奮状態。「皆さん、歌ってください!」と最後は大合唱になった。

「今回のツアーはいつも以上にワクワクしてます」(愛理)、「改めてライブって最高! と思いました」(早貴)、「かわいい衣裳が並んで、℃-ute、アイドルだね」(千聖)、「めったにないことができました」(舞)などと感想を語ったメンバーたち。「最後までついてきてください!」(舞美)と、オーラスは5人が横1列で力いっぱい踊りながら歌い、充実感たっぷりに締めた。

更にラストに、12月8日の名古屋公演では、「涙の色」の幻の別歌詞ヴァージョンともいわれる「ジュリエットジュリエット」を別振付で披露することも発表した。ツアーは12月30日まで続くが、抜群のパフォーマンスは年末を鮮やかに彩ってくれそうだ。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング