BABYMETAL、“世直しメタル”「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の全貌明らかに

リッスンジャパン / 2012年12月3日 18時0分

写真

BABYMETAL、“世直しメタル”「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の全貌明らかに(Listen Japan)

「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成さたメタル・ダンスユニットBABYMETALの新曲『イジメ、ダメ、ゼッタイ』(2013年1月9日発売)のジャケット写真と収録曲の全貌が明らかとなった。

先日YouTubeの公式チャンネルで公開されたミュージックビデオは、視聴数が1日につき1万回を超えるペースで増えており、SU-METALの伸びやかなボーカルやYUIMETALとMOAMETALのギターバトルパフォーマンス、アイドルの域を超えた本気度120%のガチメタルサウンドなどに反応したリスナーからは、国内のみならず海外からも「新しいヘヴィメタルのジャンルが誕生した!!」など絶賛するコメントが数多く投稿され話題騒然となっている。

表題曲『イジメ、ダメ、ゼッタイ』は2010年の結成初期からライブのみで披露されており、ファンの間ではライブの人気曲として定着ていた楽曲。メタルオマージュの「ウォール・オブ・デス」パフォーマンスや、「ダメ!」の掛け声とともにジャンプする「ダメ!ダメ!ジャンプ」で盛り上がりが頂点に達していく、というファンのみならず全てのライブファンを魅了する衝撃作。NAKAMETAL(作詞)、TSUBOMETAL(作詞、作曲)、KxBxMETAL(作曲)、TAKEMETAL(作曲)、教頭(編曲)という5名のメタルの神々によってクリエイトされた渾身の一曲だ。

さくら学院 - アーティスト情報

初回生産限定盤には、ゆよゆっぺが編曲を手掛けたライブのオープニング曲、“神の降臨”にふさわしい神聖な雰囲気のシンフォニックなイントロから始まり、「BABYMETAL DEATH!!」と呪文の様に連呼する強烈なデスメタルナンバー『BABYMETAL DEATH』、さらには世界中で人気を誇るスゥエーデンのメロディックデスメタルバンド「ARCH ENEMY(アーチ・エネミー)」で活躍したギタリスト・C. Amott(クリストファー・アモット)が参加した『イジメ、ダメ、ゼッタイ-Nemesis ver.-』が収録されている。アイドルソングに手抜き無しのガチで挑んだギタープレイがメタルファンの魂を震わせることだろう。

通常盤のカップリング曲には、『ヘドバンギャー!!』でも参加したEDOMETAL(作詞)、NARASAKI(作曲、編曲)コンビによる新曲『Catch me if you can』を収録。デジロックやインダストリアルメタルを彷彿とさせる疾走サウンドに、BABYMETALと“なまはげ”(デスヴォイスの合いの手)が「かくれんぼ」をして遊んでいる様なコミカルな掛け合いが加わった楽曲で、ライブではBABYMETALとファンとのシンガロングによる「かくれんぼ」が繰り広げられそうだ。

<リリース情報>
メジャー1stシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」
2013年1月9日発売

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング