フジロックにも出演したウォッシュト・アウトとコラボも話題。音響メーカー・フィリップスがビルボードライブ東京でキャンペーン実施

リッスンジャパン / 2012年12月3日 18時0分

写真

ウォッシュト・アウトが音響メーカー「フィリップス」とコラボ(Listen Japan)

チルウェイヴ/グローファイというジャンルにおけるパイオニアとして注目されている、アーネスト・グリーンのソロ・プロジェクト、ウォッシュト・アウト(Washed Out)。

昨年の「FUJI ROCK FESTIVAL'11」「FREAKS MUSIC FESTIVAL'11」へ出演したことも記憶に新しいウォッシュト・アウトと、音響/家電製品メーカー・フィリップス エレクトロニクスのコラボレーションによって生み出したウェブコンテンツ「Philips | The Sound of Creation」は、映像に合わせたサウンドをユーザーが組み合わせて楽しめる新感覚のインタラクティブ・コンテンツだ。

全部で9つ用意されたウォッシュト・アウトの音源が同じく9つの映像パネルとリンクしてひとつずつ流れ出し、重ねることができるのでユーザーは画面をクリック、またはキーボードの1~9の数字をタイプすることによって、特定の音をオンにしたりオフにしたり、思い思いの音をミックスして楽しむことができる。サイトにアクセスして、ループする独創的な映像とともに繰り広げられるここでしか聴けない、ウォッシュト・アウトの音世界を体感してみよう。

Washed Out - アーティスト情報

なおウォッシュト・アウトの最新作『AMOR FATI』(2012年1月リリース)はファーストアルバム『Within And Without』から「Eyes Be Closed」と「Amor Fati」、またアルバム未収録の5曲とで構成されている作品。来年3月に自身初となる単独来日公演を控えている、話題の女性アーティスト、グライムスやクラムス・カジノなど新進気鋭のリミキサーが参加している。

ところで、フィリップスは1927年のラジオ開発以来、カセット、CD、デジタルなどの時代の変化とともに訪れた音楽ソフトの進化するタイミングを逃すことなく、リスナーの音楽体験をサポートしてきたメーカーである。そんなフィリップスが、ビルボードライブ東京とのタイアップによるイベント「Soundrium 2012」を展開する。

12月2日~15日の間、ヨーロッパのサウンドとデザインを世界に広めてきたフィリップスの誇る名機の数々がビルボードライブ東京に展示される他、プレミアムブランド「Fidelio」から新発売されたヘッドフォンを体感試聴できるコーナーも設置され、キャンペーンサイトでは現在「Fidelio」のヒストリーを辿った動画も公開されている。さらに、このタイアップを記念し、最高の音楽体験をプレゼントしたいとの想いをこめたキャンペーンも実施。応募期間は12月2日~2013年1月31日までとなっている。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング