映画『009 RE:CYBORG』トークイベントに井上和彦が登壇!

リッスンジャパン / 2012年12月13日 9時0分

写真

『009RE:CYBORG』トークイベントに登壇した井上和彦 (C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会(ListenJapan)

“リピーター御礼!009連続キャンペーン”を展開中の映画『009 RE:CYBORG』のトークイベントが、12月9日(日)新宿バルト9/シアター5にて行われました!

そこで今回は、1979年版「サイボーグ009」テレビシリーズの“009”こと“島村ジョー”の声を担当した井上和彦が登壇し、盛り上がりをみせたという同イベントの公式レポートをお届け。なお、リピーター企画第7弾“監督、神山健治が語る『009 RE:CYBORG』の世界 IN 横浜”が、12月14日(金・19:30開始の上映回)横浜ブルク13/シアター2にて開催されます。気になる人はこちらのチェックもお忘れなく!

Newtype アニメミュージックダウンロード

----

■1979年版島村ジョー、井上和彦氏と一緒に観る!生まれ変わった『009RE:CYBORG』!

日程:12月9日(日)21:00~(19:15の回上映終了後)
会場:新宿バルト9/シアター5
登壇者:井上和彦(TVアニメ「サイボーグ009」('79)にて009島村ジョーを担当)


リピーター御礼企画<009連続キャンペーン>第006弾として、1979年に放送され日本中にブームを巻き起こしたTVシリーズで“009”こと島村ジョーの声を担当した井上和彦氏のトークショーが開催された。

長年活躍されてきた井上氏の人気を証明するように、チケットは販売即完のプラチナチケットとなり、会場には幅広い年代のファンが集まった。イベントの終盤には、井上氏の提案で急遽ティーチインを実施。「キャラクターのデザインや設定が変わったことについてどう思うか?」「一番好きなエピソードは?」など、バラエティに富んだ質問がどんどん飛び出し、盛り上がりをみせた。

●加速装置の生みの親は井上和彦!?
「加速装置!」という009の名セリフを初めて言ったのは、井上氏であるというエピソードには「最初は、台本のト書にあっただけだったんです。読んでいるうちに、言葉にして発したほうが速くなった印象を受けると思って、009が加速装置が発動する時に言ってみたら、OKになって、次の回からの台本にはセリフで書いてありました。」と、33年前の当時の秘話を振り返った。

●新しくなった「009」を井上和彦氏も絶賛!
「最新作は、過去作品とはキャラクターのデザインが変わっていて、どう思った?」という質問には「全然、違和感ない」と即答。「キャラクターは見た目ではなくて、中身なんだな」とコメント。当時、石ノ森章太郎氏とプライベートでも親交があったという井上氏は「石ノ森先生は、実写で『サイボーグ009』を作りたがっていたけど、実際になるとしたら、ジェットの鼻だったり、ジョーの髪型が今風だったりして、こんな感じなのでは」と考えながら、鑑賞していたという。

最後には「石巻の石ノ森萬画館にいくと、石ノ森先生に会える気がする。」と石ノ森章太郎氏への想いを語り、「『サイボーグ009』は永遠に不滅です!」とコメント。会場からは拍手が湧き起こり、大盛り上がりの中、イベントは終了した。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング