AKB48、記録づくめの5冠、音楽ソフト売上は日本一の191億円

リッスンジャパン / 2012年12月21日 13時0分

写真

AKB48、記録づくめの5冠、音楽ソフト売上は日本一の191億円(Listen Japan)

『第45回オリコン年間ランキング2012』(集計期間:2011/12/26付~2012/12/17付)が発表され、AKB48が計16部門中 最多となる5冠に輝いた。

AKB48は、音楽ソフトの売上金額が最も高かったアーティストに贈られる『アーティスト別トータルセールス』を2年連続で受賞(191億円)したほか、『作品別シングル売上枚数』『作品別シングル売上金額』『アーティスト別シングル売上金額『アーティスト別ミュージックDVD売上金額』でも1位を獲得。

シングルは、「真夏のSounds good !」(年間182.0万枚・5月23日発売)、「GIVE ME FIVE!」(年間143.7万枚・2月15日発売)、「ギンガムチェック」(年間130.3万枚・8月29日発売)、「UZA」(年間121.5万枚・10月31日発売)、「永遠プレッシャー」(年間107.3万枚・12月5日発売)の5作で年間の上位TOP5を独占。

シングルの年間1位は、一昨年の「Beginner」(年間95.4万枚)、昨年の「フライングゲット」(年間158.7万枚)に続き3年連続で、これは宮史郎とぴんからトリオ(1972・1973年)、ピンク・レディー(1977・1978年)、嵐(2008・2009年)の3組の2年連続を上回る史上初の快挙。また、2年連続シングル年間TOP5独占、並びに2年連続年間5作ミリオンも史上初となった。

AKB48 - アーティスト情報

さらに、AKB48はミュージックDVD部門においても総売上71.6億円で『アーティスト別ミュージックDVD売上金額』1位。今年、総売上額は昨年の24.6億円を大幅に上回り、デビュー以来初の同部門1位となった。アルバムは『1830m』(8月15日発売)が103.0万枚を売り上げ、女性アーティストとしては2008年の安室奈美恵『BEST FICTION』(2008年7月発売・144.7万枚)以来4年ぶりの年間ミリオン突破を記録した。

今年、AKB48のシングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu-ray Discを含めた計57作の総売上額は191.0億円で、昨年に続き2年連続で『アーティスト別トータルセールス』を受賞(シングル14作・90.4億円/アルバム4作・28.6億円/ミュージックDVD38作・71.6億円/ミュージックBlu-ray Disc1作・0.3億円)。2年連続での総売上額1位は2009・2010年の嵐以来2年ぶりで、女性グループとしては1977・1978年のピンク・レディー以来34年ぶり史上2組目。さらに今年の191.0億円は昨年、自身が樹立した女性グループ記録である162.8億円を上回る新記録と記録尽くめの1年となった。


<AKB48コメント>
この度は「3年連続でシングル年間1位」、「2年連続年間TOP5独占」、「2年連続5作のミリオン」を記録することができ、AKBメンバー一同、大変光栄に思っています。

「3年連続年間シングル1位」「2年連続年間TOP5独占」「2年連続5作のミリオン」はいずれも史上初の記録だとお聞きしました。デビュー当時はまったく想像できなかった記録で、メンバー一同驚いています。日頃、私たちを支えてくれているファンの皆さま、ありがとうございました。

来年も皆さまの期待に応えられるよう、これからもAKB48らしく一生懸命頑張っていきたいと思います!本当にありがとうございました!!

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング