『「恋してアニ研」主題歌コレクション』日高里菜さんインタビュー!

リッスンジャパン / 2013年1月20日 13時0分

写真

「恋してアニ研」“斎木真夜”役の日高里菜さん (C) 2012 OperaHouse Corporation・AIC(ListenJapan)

アニメの製作過程を知りながら恋愛も出来るという、異色のスマートフォン&タブレット用恋愛アドベンチャーゲーム「恋してアニ研」発のCDとして、2013年3月27日にリリースされる『「恋してアニ研」主題歌コレクション』より、“斎木真夜”役・日高里菜さんのインタビューが到着しました!

また、現在YouTubeでは「恋してアニ研」のプロモーション映像(www.youtube.com/watch?v=VXZV9nRiKak)が公開中。気になる人は今すぐにアクセスしよう!

----

■「恋してアニ研」“斎木真夜”役・日高里菜さんにインタビュー!

――『恋してアニ研』の主題歌『ぜったいヒロインっ!』を歌った感想を聞かせてください。

すごくかわいらしい曲なんです! 歌詞に「君のヒロインは私にまかせて」というフレーズがあるんですが、本編のテーマのひとつ「誰がヒロインをやるのか?」というところにマッチしていると思いました。ゲームをプレイした方が聴くと、より一層楽しめる曲です。

――歌詞の好きな部分はどこですか?

私がキュンときたのは「エンドロールでも隣にいて」という部分がすごくいいなって思いました。エンドロールでヒロインは主人公の隣になったりするじゃないですか? 私もアニメや映画などの作品を見るときエンドロールまでちゃんと見るので、この歌詞は「確かにな~」って感心しました。

――楽曲を聴いたときの第一印象は?

私はマチアソビのイベントに五十嵐裕美さんと出演させていただいたんですが、そのとき現場で初めて聴いたんです。音楽はとってもノリやすくて、お客さんたちも盛り上がっていました。曲の印象はアイドルソングっぽいな~と思いました。イベントで流れた曲には、すごく歌の上手な仮歌が入っていたんです! それをイベントで流しちゃったから、ハードルが上がりまくりだったんです(笑)。

ファミ通.com ゲームミュージックダウンロード

――ではレコーディングが終わって、イベント会場で流れた仮歌のハードルは超えられましたか?

超えられたでしょう!(笑) 他のキャストのみなさんが歌った曲も聴かせていただいたのですが、全部すごくかわいかったです。普通の作品だと出演者ごとに違う曲を歌う場合が多いと思うのですが、『恋してアニ研』は同じ曲を5人が歌っているんです。これはすごく新鮮でした。みなさんが歌った曲は、すべてデモとも違うし、私が歌った曲とも違うように感じます。キャラクターが変わるだけで曲の印象がこんなにも変わるんだな~と改めて思いました。これも聴きどころのひとつですね。

――1枚のCDにすべての曲が入っているんですか?

はい、そうです。こういうのって、なかなかないですよね? なので聴き比べをしてみるのもおもしろいと思います。私たちからすれば、またハードルが上がる要素なんですけどね!(笑)

――ではゲームについて伺います。日高里菜さんが演じた「斎木真夜」はどんな子ですか?

真夜ちゃんは主人公の家の隣に住んでいて、幼馴染みたいな感じなんです。主人公のお兄ちゃんのことがほんとに大好きで、毎朝起こしに行っちゃうような積極的な子。私はいままで「妹キャラ」をいくつかお仕事させていただいてましたが、その中でも真夜ちゃんはヤンデレっていうか、お兄ちゃんを好きすぎて怖いんです(笑)。ビジュアルからは想像できない!

――普通の妹キャラはかわいい感じですよね?

そうですよね~。なんというか、みなさんの理想の妹という感じが多いと思うんですけど、真夜ちゃんは新しいタイプだなって思いました。ほんとに怖かったですよ。

――役作りで苦労された点は?

いままでは「かわいくしよう」とか、役を作っている感じがあったのですが、『恋してアニ研』の真夜ちゃんは作品のイメージやキャラクターのイラストを見ると、あんまり作る感じじゃないのかな? って思いました。なので声も作らず、自分の素の声に近い感じでやらせていただきました。

――それは日高さんのファンにはうれしいですね!

普段ラジオとかでしゃべってる私の声に近く聞こえるはずです。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング