竹仲絵里、パシフィコ横浜で「写真×音楽」のコラボレーションライブを開催

リッスンジャパン / 2013年1月25日 16時0分

写真

シンガーソングライターでありフォトグラファーでもある竹仲絵里(Listen Japan)

シンガーソングライターでありフォトグラファーである竹仲絵里が、2013年1月31日-2月3日にパシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像の情報発信イベントCP+(シーピープラス)に出演、同イベント内でライブ&トーク「Sing & Talk 竹仲絵里×テラウチマサト」を行なうことが決定した。

竹仲絵里 - アーティスト情報

彼女は学生時代よりカメラを持ちはじめてからこれまで毎日のように写真を撮っていることもあり、2012年4月18日にリリースされた『Sang』のCDジャケットでは写真の全てを竹仲絵里自身が撮影したものを使用、自身のプロフィール写真に至るまですべて彼女の写真によるもので制作されたという。

同作のレコーディングはノルウェーで行なわれ、ノルウェー滞在中、ペンタックスリコーイメージングのデジタルカメラ「GR DIGITAL Ⅳ White Edition」を手に日々ノルウェーの風景や町並みを撮影。それらの作品を、自身初となる写真展(銀座 リコーフォトギャラリーRING CUBE)で展示、その後も大阪・金沢各地でも展示会を行ない好評を博した。

尚、竹仲はGR Digitalを愛用するGRist (ジーアーリスト)として認定され、リコー公式ブログGR Blog(www.grblog.jp/2012/03/grist-20.php)にて紹介されている。

最近では、珠玉の音と詞を紡ぐロックバンドとして定評のある音速ラインのジャケット写真や、音楽ジャンルに捉われない独自のスタイルで人気を得ているJiLL-Decoy association のミュージックビデオで使用した写真を担当、活動の場を広げつつある彼女。そんな中、行われる今回の「Sing & Talk 竹仲絵里×テラウチマサト」について、竹仲は「初めて挑戦した自身のアルバムのフォトブックやジャケットの自分撮りなど知識ではなく、その”面白さ”を皆さんと共有出来たら」(www.terauchi.com/pg313.html)と意気込みを語っている。

また、2月1日(金)のイベント模様は、Fm yokohama の番組THE BREEZE(www.fmyokohama.co.jp/guide/breeze/top.html)にて12:30~の街角レポートでステージを間近に控えた竹仲絵里を藤田優一氏が生レポート、また2月2日(土)のライブとトークのステージの模様はUstream(www.ustream.tv/channel/cp-plus-2013-pentax-ricoh-imaging-booth)にてリアルタイム中継される。

【イベント情報】
カメラと写真映像の情報発信イベントCP+(シーピープラス)
-ステージプログラム-
Sing & Talk 竹仲絵里×テラウチマサト
●2013年2月1日(金)
14:30~15:15
●2013年2月2日(土)
15:45~16:30
詳細は(www.pentax.jp/japan/news/cpplus2013/index.html)ご覧ください。

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング