AKB48、ドキュメンタリー映画と連動したTV番組の放送決定

リッスンジャパン / 2013年1月26日 20時0分

写真

AKB48、ドキュメンタリー映画と連動したTV番組の放送決定(Listen Japan)

AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN少女たちは涙の後に何を見る?』(2月1日公開)の公開を記念して、NHK総合テレビにて、映画版と同様に2012年を追ったドキュメンタリー番組「AKB48+1+10」の放送が決定した。

本番組では、昨年に続き「A」から「Z」までのキーワードでAKB48の姿に迫る。今年はさらに10分放送時間が延びて59分になり、劇場で上映される映画版とは、まったく別の視点からの編集されたファン必見映像が満載のもう一つのドキュメンタリー作品に。それぞれ別の作品として独立しつつ、お互いが補完する関係性を持っている。

内容は「AKB48のメンバーなら全員知っている『トーク切り上げ』のサインとは?」、「禁断のイベント『AKBお注射会』」、「『ぽんこつ』なのか、センター候補なのか島崎遥香の素顔」など、ここでしか見ることができない、素顔のAKB48が満載だ。

AKB48 - アーティスト情報

■テレビ版 作品概要
放送日:NHK総合 1月31日(木)深夜25:45~


■映画情報
『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』
2月1日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー 

企画:秋元 康/監督:高橋栄樹/出演:AKB48/主題歌:「After rain」(発売未定)/公式HP:www.2012-akb48.jp
上映時間:130分(予定)/配給:東宝映像事業部/

(C)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング