「まおゆう魔王勇者」EDテーマを歌う新居昭乃さんの公式インタ到着!

リッスンジャパン / 2013年1月29日 9時0分

Newtype アニメミュージックダウンロード

──まずはメロディから作っていかれたと思いますが、メロディ作りで意識したことはなんですか?

新居 メロディは、いつものように保刈(久明)くんと一緒に(スタジオに入って/カット)作り始めました。(最初に/カット)私が口頭で『まおゆう魔王勇者』についてと、自分のイメージを説明して、保刈くんがギター、私が鍵盤で、(一緒に/カット)作曲していったんです。でも、最初はあまりうまくいかなかったんですね。

──それはなぜでしょうか?

新居 ギターや鍵盤の音色は、『まおゆう魔王勇者』という作品と合わなかったんだと思います。曲のイメージを掴む時は、音の世界がすごく重要なんです。その日、うまくいかなくて休憩していた時に保刈くんが何気なく遊びで打ち込みのループを作ったんですが、これが一番近いと感じて。拍子が定まらないループだったんですけど、それが面白くて、メロディを当てはめていったらすぐに出来上がりました。

──きっかけを掴んだら、あとはスッと。

新居 そうですね。曲の最初のほうで流れているのが、そのループです。逆にサビははっきりさせたくて、そこから開ける感じにしました。もともと自分の世界と近い曲だったので、メロディが出来上がると詞はすぐに書けました。

──詞にはどのような思いをこめましたか?

新居 何かを目指して歩いていくというイメージです。「丘の向こう(の景色/カット)」という言葉が『まおゆう魔王勇者』には何度も出てくるんですが、それに象徴される、到達していないところに行こうという思いが、一番書きたかったことです。「丘の向こう」(という言葉/カット)は、直接歌詞にも使いました。

──タイトルの「Unknown Vision」も、まだ見ぬ景色というイメージに繋がっていますね。

新居 そうですね。道しるべとしての光のイメージ。人間にとっては希望の光ですが、たとえ人間がいなくなってしまっても、光はそこにあるんだとは思いますが…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング