スピッツ、新曲は亀田誠治プロデュース“J-WAVE春のキャンペーンソング”

リッスンジャパン / 2013年2月27日 15時0分

写真

スピッツ(Listen Japan)

J-WAVE(81.3FM)が3月18日(月)から5月6日(月・祝)まで行う春のステーションキャンペーン「TOKYO NEW STANDARD ~トーキョーはまっすぐ歩かないほうがオモシロイ~」のキャンペーンソングに、亀田誠治プロデュースによるスピッツの新曲が決定した。

スピッツ - アーティスト情報

「メインストリートを歩いているだけでは気がつかないような新たな発見に満ちた、東京人の“NEW STANDARD”」を、番組やイベントを通じて提案していく同キャンペーン。

キャンペーンソングは3月18日(月)以降J-WAVEの放送で随時独占オンエア。亀田誠治はこれまでにも数多くのスピッツ作品のプロデュースを手掛けており、長年タッグを組んできた両者がどのような楽曲を届けてくれるのか期待が高まる。


<亀田誠治コメント>
毎年、J-WAVEの春のキャンペーンソングを聴くとなぜかワクワクします。まるで東京のキラキラした希望を感じるような。その感覚は、東京で生活する人たちにとっても心の支えになるものだと認識しています。そんなキャンペーンソングのプロデューサーを務めることができるのは本当に光栄なこと。スピッツにしか鳴らすことができない、最新かつ最良のエバーグリーンな音楽を目指していますので、オンエアをお楽しみに!


●J-WAVE オフィシャルサイト
<www.j-wave.co.jp/>

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング