【ライヴレポート】バイリンガルシンガー、ナノ衝撃の初ソロライヴ、早くも世界進出が明らかに

リッスンジャパン / 2013年3月22日 21時0分

写真

2400人の観衆を前に衝撃的なソロ・ライヴテビューを果たしたナノ(Listen Japan)

2ndアルバム『N』がチャート8位とトップ10入り、YouTubeやニコニコ動画などネットでの人気の枠を遥かに越え活動を拡大しつつあるバイリンガルシンガー“ナノ”が、初のソロライヴ『Remember your color.』を3月16日新木場STUDIO COASTで開催した。

圧倒的に女子率の高いオーディエンス。会場全体をピンク色のサイリウムが包み込む中、ナノが登場。オープニングから「magenta」「neophobia」「Silence」とギターリフの力強さを前面に出した疾走感溢れる代表曲を立て続けにプレイ、ライヴ演奏の音圧に呼応しなお有り余るようなパワフルなヴォーカルに会場も大きくどよめく。
中盤にはアニメ『BTOOOM!』を彩った「No pain, No game」「エグジスト」を披露、こと“バイリンガル”という枕詞から英語での歌唱表現がクローズアップされがちだが、日本語詞で叙情的でメロディアスなフレーズを重ねながらラップパートや核となるポイントで飛び出す英詞と絶妙なバランスで2つの言語が交差する感覚は、ナノならではの世界観といえるだろう。

ナノ - アーティスト情報

本編後半にはアコースティック・セット。アコースティック・ギターによる「ヒステリ」、ピアノをバックに「Glow」、ヴァイオリンを交え“この日の純粋な嬉しい気持ちを曲にした”という美しいバラード・パートを持つ新曲「Our Story」。“目を閉じて歌詞を聴いて欲しい”とナノが語ったこの曲、過去から現在へと辿る自身の道程を綴った言葉に会場全体が静かに耳を傾けた。
ラストスパートはエネルギッシュに加速していくスリリングな展開が魅力の「BE FREE (WITH MUSIC)」そして「Nevereverland」で本編が終了。
アンコールに答え「Now or Never」MCでファンとの会話を惜しみつつもラストナンバー「Remember, My Friend」で締めくくった。

瞬く間に駆け抜けるように2時間が過ぎ去っていったナノのファーストライヴ。終演後には早くも2ndライブの開催の告知。次回のステージは5月のドイツ・デュッセルドルフで開催されるアニメコンベンション「DoKomi」で早くも世界進出が明らかに。
また日本でも8月にはZepp Tokyo、大阪・Zepp Nambaでのソロライブが行われることが発表された。
初のステージの次に、グローバル展開とまさに予測不能なナノの今後、さらなる活動の広がりに注目していきたい。


【SETLIST】
01. magenta
02. neophobia
03. Silence
04. KALEIDOSCOPE
05. GALLOWS BELL
06. Horizon
07. No pain, No game
08. エグジスト
09. Crossroad
10. ヒステリ
11. Glow
12. Our Story [新曲]
13. BE FREE (WITH MUSIC)
14. Nevereverland
<アンコール>
15. Now or Never
16. Remember, My Friend

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング