【紗希&Rie fu:インタビュー】10年来の友人2人が「しろくまカフェ」OP曲でスペシャルユニットを結成

リッスンジャパン / 2013年3月26日 21時0分

写真

10年来の友人紗希&Rie fuが「しろくまカフェ」OP曲でスペシャルユニットを結成(Listen Japan)

3月13日に「しろくまカフェ」のオープニング・テーマ第3弾『You & Me』をリリースした紗希とRie fu。これまで月替りのエンディング・テーマを全て手がけて来た紗希と、元々10年来の友人だったというRie fuがスペシャルユニットを結成。共に実力派シンガーソングライターとして知られる2人に話を聞いた。

―元々10年来の知り合いで交流を続けて来たというお二人ですが今回「ユニットをやろう」と決めた経緯を教えてください。

紗希:昨年の10月からエンディング曲を月替りで担当した流れで、今回オープニングの話を頂き「何か楽しいことをやってみよう」とアニメの雰囲気からぱっとRie fuさんの顔が浮かんだのがきっかけです。

Rie fu:私も紗希ちゃんちゃんから、「しろくまカフェ」の話は聞いていてファンだったので今回やらせて頂いて嬉しかったです。

紗希:この企画自体、大人が企てたようなユニットではないです(笑)自然な流れで、曲作りもキャッチボールのようにやりとりして、純粋に曲のテーマ「会話」というものが表現できた作品です。

Rie fu:紗希ちゃんが、ドーンとテーマを投げてくれて。「ボクにインビテーション」(第1弾のOP曲)の先にはカンバセーションというテーマで行こうと。

―では作曲のプロセスは?

Rie fu:作曲は紗希ちゃんで、作詞は殆ど私が手がけました。一つダジャレは入れておいたほうがいいのかなと思って歌詞に出てくる“ほーら polar bear”という部分には日本の「ほら」と英語の「hailer(ホーラー)」(=呼びかける意味)―の偶然ダブルミーニングにもなって。これは2人でやったから出てきた、ならではのアイディアだと思います。
お互いの人間性とか、作品性も分かり合っているから互いに尊重出来る部分も多く紗希ちゃんの提案で「英語を混ぜてみたら」と言われて自分自身の個性も活かせましたね。

―作曲面で特に拘った部分は?

紗希:1月から3月からのテーマということで「春に向かっていく」というイメージがあって、春に向かって爽やかな歌にしたいなと、後から付いたオープニング映像もお花の輪が出てきて歌にぴったりな内容になりました。

紗希&Rie fu - アーティスト情報

―お互い実際共演してみて音楽スタイルなどの違いなど、発見はありましたか?

紗希:私はRieさんのアーティスティックな部分を尊敬していますね。すぐ提案もくれてレスポンスが早くどんどん言葉を紡いでくれる。感覚的に色々なアイディアを出してくれるんです。

Rie fu:紗希ちゃんは職人気質ですね。機材とか音づくりに凄く拘っていて、10年前のデモ・テープから自分でアレンジをやっていたのも知っていますし、凄く尊敬しますね。良い意味でオタク(笑)というか、作業でも“紗希マジック”を何度か見て、ひたすら関心していました。今回は2人ならではの化学反応が起きたと思います。

―逆にお二人の共通点は?

Rie fu:両方ともおっとりしてるけど仕事が早い(笑)作業が早いっていう部分。あとお互い直感的な部分。曲のやわらかさとか、皆仲良くしようみたいな平和主義の部分です。

―共通で好きな音楽とかありますか?
紗希:カーペンターズですかね。あとビートルズ。60年~70年代の音楽好きというのは共通点かもしれません。

―では「しろくまカフェ」に関しての質問をさせてください。―世界観も好きだとおっしゃってましたが 好きなキャラは?

紗希:私はグリズリーさんですね。凶暴な生き物の筈がアニメでは非常に仲間思いで草刈りにハーレーダビッドソンで駆けつけてくれるんです。そういう男性がいればという願望もこめて(笑)

RieFu:マイナーキャラなんですけどコウテイペンギンの雛が凄く可愛いんです。「しろくまカフェ」このアニメは、動物の描写も凄いリアルなので。

―では最後に改めてこの曲をどうやって楽しむか?聴き方などあれば教えてください

紗希:イヤフォンやヘッドフォンでじっくり聞いて欲しいです。私とRieさんの歌の対話が聴ける面白い仕掛けをしているので。ハモリの部分でも二人が入れ替わりで主線を歌ったりしているので細かい部分を聴きつつ、春なので「仲間の輪を広げる」というテーマを楽しんで欲しいと思います。

【リリース情報】発売中
紗希&Rie fu「You & Me」
作詞:Rie fu & 紗希作編曲:紗希

リッスンジャパン

トピックスRSS

ランキング