ハブられ疑惑のももクロ有安杏果 メンバーの中で浮いている理由が判明!?

リテラ / 2014年11月2日 12時0分

写真

 今年8月にはレディ・ガガの日本公演でオープニングアクトを務めるなど、幅広い活動を展開するももいろクローバーZ。その人気も不動のものとなり、これからも明るい未来が広がっているかのように思えるが、一部ファンの間ではメンバーの1人、有安杏果について、ある不安がささやかれているという。

 その不安とは「グループ内で浮いている」「ほかの4人にハブられている」というもの。そういった人間関係のこじれから、有安の脱退、あるいはグループの解散もあるのではないかと心配するファンもいるというのだ。ももクロを初期から見ているというアイドルライターはこう話す。

「確かに楽屋裏なんかでメンバー4人がはしゃいでいるなか、有安1人が離れて何か別の作業をしていたり、休憩していたりするという光景は珍しくないです。そんな状況がグループ内で問題になって、話し合ったこともあるそうです」

「有安杏果(ももいろクローバーZ)正直すぎる瞳」と題して大特集を組んでいる「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.116によると、その話し合いは2012年夏ツアーの米子大会の終演後に行われたという。この話し合いの場で、メンバー同士がすべてをぶつけあい、その結果、有安は4人の輪の中に入るようになったというのだが......。

「今でも有安が孤立することは多いようです。その辺りの温度差は勿論ファンも感じていて、そこが"ももクロのネック"になっているという認識もありますね」(同上)

 同特集では、筑波大学の斎藤環教授による有安の精神分析報告書が掲載されている。そこには、有安が孤立する理由の一端が隠されていた。

 まずは、50ほどの質問から性格傾向を分析する「エコグラム」。この結果について斎藤教授と有安はこんなやり取りをしている。

斎藤「びっくりしたのがAが一番高い。これは他のメンバーではありえない結果」
有安「なに、怖い怖い!」
斎藤「Aはアダルト。ものすごい大人っぽいってこと」
有安「ふう! え、どういうことですか?」
斎藤「精神的に成熟してる。以前鑑定したリーダー(註:百田夏菜子)に至っては小学校高学年。小五ぐらいの精神年齢でした」

 子どもっぽいメンバーの中で、有安1人だけ精神年齢が高いというわけだ。ふざけてはしゃぐメンバーたちを、有安が1人で遠巻きから眺めているというのも仕方ないことなのかもしれない。

 次は文章の中の空欄を埋めて完成させるという心理検査法「SCT」(精研式文章完成テスト)。この結果について、こんなやり取りがあった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング