活動休止のBerryz工房、後輩・まーどぅーへのアドバイスがマイペースすぎてさすが

リテラ / 2014年11月14日 21時0分

写真

 モーニング娘。'14だけにとどまらず、Berryz工房、℃-ute、スマイレージがの各グループがそれぞれ単独での日本武道館公演を成功させるなど、このところ勢いを増しているハロー!プロジェクト。かつては大人の男性客ばかりだったコンサート会場も、3割から5割ほどが女性客になっているとも言われ、その支持層も拡大中だ。

 そんなハロプロだが、2014年から2015年にかけて大変革を遂げることとなる。モーニング娘。12期メンバーの追加、スマイレージの3期メンバー追加&改名、カントリー娘改めカントリーガールズの再結成、と新しい血が注がれる一方で、モーニング娘。リーダー・道重さゆみが11月26日に卒業し、来年春にはBerryz工房が無期限活動休止に入るのだ。

 そんな中、ちょっと興味深い本が出版された。『まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪団』(竹書房)。アイドル誌「Top Yell」に掲載されていた同名の連載企画の単行本で、その内容はタイトル通り、モーニング娘。の10期メンバーの佐藤優樹(まーちゃん)と工藤遥(くどぅー)の最年少コンビ(当時)が、ハロプロの先輩に直撃インタビューをするというものだ。

 登場するのは、Berryz工房の7人、℃-uteの5人、真野恵里菜、スマイレージからは和田彩花と福田花音、モーニング娘。7代目リーダー・新垣里沙、8代目リーダー・道重さゆみ、さらにモーニング娘。の振り付けを担当するYOSHIKOの総勢18名。

 だが、このインタビュー集、他のアイドルインタビューとはちょっとちがうテイストになっている。聞き手が後輩アイドルということで、それぞれがアイドルとしての心得を、まーちゃん&くどぅーの「まーどぅー」コンビに伝授する、かなり熱いものになっているのだ。

 たとえば、モーニング娘。'14の現リーダーであり、まーどぅーの直属の上司にあたる道重さゆみはこんな貴重な言葉を残している。

「モーニング娘。は常に進化しているし、加入と卒業を繰り返すグループだからね。私も今まで何人も見送ってきたの。先輩や同期を何人も。で、そのたびに『大丈夫?』っていう声はたしかにあった。(中略)でもね、モーニング娘。っていうのは......『そのときのモーニング娘。』になることができるんだよ。常に『今のモーニング娘。』になっていくものなの。今のモーニング娘。はこの10人だけど、私が卒業してからは、また本当の意味での『新生・モーニング娘。』を作り上げていくものなの。それを作り上げていくのは......2人だから。みんななんだから。でも、大丈夫。みんなだったらできるって思ったからこそ、私は卒業することを決めたんだ。私は心配していないよ。みんななら、大丈夫」(道重さゆみ)

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング