今度は元東スポ記者がAV出演!一方でAV女優になりたいのになれない女性が急増中

リテラ / 2014年12月20日 20時0分

写真

  先日、ニュースサイトで元東スポ記者がAVデビューしたことを報じられ、話題になっている。元パ・リーグの担当をしていた野球記者で、球界でも話題になるくらいの美人だったらしいが、2年ほどで退社。今年11月に老舗メーカーから鮮烈デビューを果たしたらしい。

 メディア的には日経元記者の鈴木涼美に続いて、という感じで話題にしたということのようだが、AVの垣根がますます低くなっていることは間違いないだろう。

 いや、それどころか、AVは一部で「憧れの職業」になっているらしい。数年前、女子高生の「憧れの職業」ランキングでキャバクラ嬢が堂々の1位に輝き、世間を驚かせたことがあったが、それ以上にびっくりする事象が、今、起こっているらしい。それは、「AV女優になりたいのになれない」と女性たちが嘆いているというのだ。

 その現実を浮き彫りにしているのが、「週刊プレイボーイ」(集英社)11月17日号に掲載された「AV女優になれなかった女たち」という座談会。この記事によれば、どうやら近年、AV女優志望者が増加しており、スカウトではなく自ら面接に出向く人まで登場。それでもAV女優になれなかった女性3名が、座談会を行っているのだ。

 この座談会に参加しているのは、Hカップの21歳女子大生・ゆきさんと、自称"貧乏育ちの元グラドル"という27歳のみなみさん、経験人数100人以上という23歳フリーター・えりさんの3人。彼女たちは、いったいどんな理由でAV女優を目指し、そしてなれなかったのだろうか?

「楽してお金欲しかったからです。自分の女としての武器はHカップの巨乳しかないってわかってたんで裸になることも全然抵抗ありませんでした。キャバの体験もしたんですけど、うまくしゃべれませんでしたし」
 
 そう答えているのは、ゆきさん。彼女の場合は、高校生のときに渋谷でスカウトされたことがきっかけだった。もちろん、そのときはAV女優になれないので、2年後、大学生になってから面接を受けに行くことに。ただ、彼女は「面接のとき初めて観たくらい」で、ちゃんとAVを観たことすらないというのだ。当然、面接ではどんなプレイまでできるのかと具体的な質問がされる。そこでも、「レズ」や「ごっくん」など、ほぼOKと答えたにも関わらず、何の契約もないまま落とされてしまったという。

 もともとグラビアアイドルとして活動していたみなみさんは、「グラビアでも、撮影会とかですごく面積の小さい水着を着せられて、動くと普通にポロリとかしちゃうし、もうこれなら脱いでAV出たほうが有名になれるだろって」と思い、AV女優を視野に入れることに。「あのグラドルがAVデビュー」的な扱いを期待し新たな道にかけるも、しかしマネージャーが持ってきたのは企画モノだった。そのことに納得できずAVの道へは進まなかったらしい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング