上官の結婚式介入、披露宴で軍艦マーチ...自衛隊雑誌が煽る“J婚“の現実

リテラ / 2014年12月21日 21時30分

写真

 今年の流行語大賞にノミネートした「J婚」、自衛隊員との結婚を希望する女性が増えており、各地で自衛隊員とのお見合いパーティーが行なわれていることから名付けられたネーミングだ。

 お見合いに参加した自衛官はアピールタイムで「普段は隊長に服従していますが、私生活で服従できる女性を探しに来ました」(毎日新聞/2014年6月12日)と言ったそう。この薄ら寒いジョークを投げられた時点で私が女性ならドン引きしそうだが、お見合いにきた女性の「公務員で収入も安定して、性格もまじめ。結婚相手にはぴったり」とのコメントを見つければ、この錆び付いたギャグも、安定やまじめという言葉に変換されていくのだろう。

 この自衛隊との婚活を仕掛けたのは、防衛省が編集協力するわが国唯一の自衛隊オフィシャルマガジン「MAMOR(マモル)」(扶桑社)。一般的にはあまり知られていない雑誌だが、公表されている広告用の媒体資料を覗くと「全国200カ所以上の基地・駐屯地を始め、世界40カ国近くの日本大使館に派遣されている防衛駐在官のもとへ配本」「自衛官、事務官、技官などを含めた自衛隊員約30万人の目に触れる場所に毎月配本」されているという。

 つまり、自衛隊の日頃の活動・情報を広く国民に発信し、自衛隊員の士気を高めるための雑誌ということらしい。

 しかし、その「MAMOR」、雑誌のつくりは堅苦しさとは程遠い柔らかいつくり。表紙は毎号必ずアイドルがコスプレをして敬礼する写真。新年号には「壇蜜、おのののか、橋本マナミetc 女神たちが続々登場」のカレンダー。中学校の運動部の部室のように、自衛官の寮にでもカレンダーを飾るのだろうか。

 それはともかく、この雑誌の連載企画「マモルの婚活」が好評を博し、13年2月号には「自衛官と結婚しました!」という巻頭特集が組まれ、この「J婚」という言葉の誕生に繋がった。

 その特集記事を読んでみると、ひたすら「自衛隊との結婚は素晴らしい」PRが繰り返される。一般人に「自衛隊員との結婚はアリかナシか」を問うと86%の人が「アリ」と回答。「国を守っているなんてすごいです!(制作会社)」「収入も安定しているイメージ(大学生)」「男らしくて頼りがいがありそう(販売員)」とのコメントが並ぶ。この結果を受けて、結婚紹介サービス業の女性が分析、「自衛官の方は国を守りたいという使命感がありますし、能力を生かした仕事をされています。そういう人柄は女性の心を引きつけますね」と畳み掛ける。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング