田中マー君がももクロから“他界“? 乃木坂に推し変? その理由は...

リテラ / 2014年12月23日 11時30分

写真

 アイドルグループ・ももいろクローバーZのファンを「モノノフ」と呼ぶのはおなじみだが、日本一有名なモノノフといえばやはりマー君ことニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手だろう。

 楽天時代からももクロの楽曲を自身の登場曲に使い、ももクロのメンバーカラーで彩られた特注グラブで練習を行っていたこともあった。そして、ヤンキース移籍後は、マー君のために作られたももクロの楽曲「My Dear Fellow」を登場曲として使用。ももクロ公認の超VIP扱いのモノノフなのだ。

 そんなマー君だが、ここ最近、急激な"ももクロ離れ"がまことしやかに囁かれている。

 そのきっかけとなったのが、今年の10月のこと。マー君のツイッターのプロフィール欄にあった「モノノフ」という文字が消え、代わりに「アイドルが好きです」という言葉が書かれたのだ。

 そして、その頃からマー君のツイッターは、ももクロ以外のアイドルに関する投稿が増えていく。

 まず、10月6日。モーニング娘。'14のニューヨーク公演を妻・里田まいとともに鑑賞したマー君。「彼女達の単独でのLIVEは2012年以来でしたが、相変わらずのスキルの高さに圧倒されてしまいました!!!!」などと、ライブの感想を語っている。

 続いて10月8日。今度はNMB48の山本彩について、「山本彩ちゃんがTwitterを始めたみたいなので早速フォロー!」と、いかにもアイドルファンっぽいことをつぶやいた。

 そして、10月11日には「昨日は乃木坂46のアンダーライブに行ってきました。メンバーの方々とファンの方々が一体となっていて熱量が物凄かったです!!!! また行きたいなぁー(^-^)/」と、前日の乃木坂46のライブの感想を投稿しているのだ。

 マー君が楽天で24勝0敗という脅威の記録を打ち立てた2013年。その年の12月発売の「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.111では、「2013年の英雄」と銘打ち、ももクロとマー君が表紙を飾っている。そして、同誌に掲載されている「密着ドキュメント in 仙台 2013年の英雄」というテキストには「今号の表紙は二〇一三年を象徴する一枚であると同時に、二〇一四年からの希望の光でもある、と信じている」とある。

 たしかに、ももクロとマー君の6ショットは2013年の象徴だったかもしれないが、ももクロ以外のアイドルのことばかりつぶやいている現在のマー君の様子を見る限りでは、少なくとも「2014年の希望の光」とは言い難いような......。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング