ソチの雪も溶かした“熱すぎる男“松岡修造がハマっていた“自己啓発“

リテラ / 2014年12月25日 8時0分

写真

 今年、もっとも人びとをトリコにしたタレントといえば、やはり松岡修造だろう。発売したカレンダーはAKBやジャニーズのアイドル勢を押しのけて39万部を突破(24日現在)、「2014タレントCM起用社数ランキング」の男性部門でも嵐・櫻井翔と並んで計11社の1位に君臨......万人ウケするさわやかなルックスとは裏腹な、常軌を逸した熱血ぶりはたしかに"テレビ向き"ではあるが、今年はそれに加えて数々の"伝説"が誕生したことも大きかったはず。最近はちょっと冷え込みも激しいので、今回はそんな2014年の松岡修造を振り返ってみよう。


●松岡修造と気温差の関係がついに実証成功!? ネタだったはずなのに......

 つい何段か前に「冷え込みが激しいので」と書いたばかりだが、ご存じのように今年は修造と気温の関係をめぐる興味深い論考がネット上で数多く発表された。騒動の発端は2月にロシア・ソチで行われた冬期五輪。東京には雪が振るなどの寒さだったが、一方、運営上気温が下がらなくては困るソチは異例のポカポカ陽気に見舞われた。そこでネット民が原因として考えたのが、「松岡修造がいないと日本は寒くなる」説だった。当の本人はブログで「冬のオリンピックとは思えないほど、日差しの暖かいこと・・・」などと綴っていたが、まさか自分のせい(だとされている)とは思いもしなかったようだ。

 この、当然ながらまったく科学的根拠のない新説は、しかしどんどんと証拠を重ねていく。そして先日、ついに「2014年と平年の気温差に見る松岡修造氏の影響」という衝撃のデータがTwitter上にアップされ、約6万もリツイートされるほどの話題に。ソチ五輪のみならず、パンパシフィック水泳選手権の取材でオーストラリアへ、フィギュアスケートグランプリファイナルの取材でバルセロナへ修造が赴いている時期は、平年の気温を大きく下回っていたことが判明したのだ。

 ネタのはずがマジだったという逆転試合。どこまでも"持っている"修造なのだった。


●「錦織圭と同じにするな」発言でまさかの感涙する人が続出

 全米オープンで日本人初の決勝進出を果たし、ATPワールドツアー・ファイナルに準決勝まで残るという偉業を達成した錦織圭選手。その健闘に世間は湧いたが、同時に修造にもおのずと注目が集まった。うっかり忘れてしまいそうになるが、彼はあのウィンブルドンで日本人男子選手としては62年振りとなるシングルスベスト8に残るという、日本男子テニス界のスターだったのだ。そして、修造は錦織の活躍に対して、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で怒った様子でこのようにコメントした。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング