トンデモぶりに背筋も凍る!? 冬の「ヘイト&嫌韓本」ワースト5

リテラ / 2014年12月27日 21時23分

写真

 いまだに書店で平積みの嫌韓本。その内容はもちろん差別、決めつけ、妄想、陰謀論が蔓延するヘイトスピーチ並みのトンデモばかりだ。リテラでは今夏に、2014年前半に出版された嫌韓本の中からトンデモ発言ランキングを紹介し、大きな反響を呼んだ。そこで、今回は、2014年後半に出版された本・雑誌・SNSなどから、嫌韓本トンデモ発言ワースト5を紹介しよう。寒さ厳しい折に、さらに背筋を凍りつかせるような差別発言の数々。ぜひ暖をとりながら読んでいただきたい。


★第5位 倉山満「家出した不良のコギャルと同じですよ。『居候させて』といって徹底的に値をつり上げてくる」
「Voice」(PHP研究所)9月号「説教ストロガノフ第2回 朝鮮戦争は終わっていない」

■コミンテルン陰謀論の次は女性差別? 嫌韓中年の童貞的妄想が止まらない■

 最近、なぜかPHPが保守系コミンテルン史観でおなじみの憲政史研究者・倉山満を重宝している。保守系月刊オピニオン誌「Voice」で経済評論家・勝間和代のブレーンで、浜田宏一イェール大学名誉教授の広報官的役回りの上念司とともに対談連載を持っているのだ。タイトルの「説教ストロガノフ」という題名は、嫌韓系有力オピニオン誌「WiLL」(ワック)の名物連載対談「蒟蒻問答」にならったもので、5時間考えたものだそうだ。もっとも内容は「蒟蒻問答」よりももっとひどく、事実上、保守系コミンテルン史観的な「妄想」の垂れ流しに終始している。
 冒頭の発言は「Voice」(PHP研究所)9月号「断末魔の朝鮮半島」という特集の巻頭対談のはずなのだが。たとえば、
〈倉山「韓国もすでに北朝鮮に乗っ取られていますね。北のスパイが約一二万人、韓国内に入り込んでいると聞きますから」
 上念「そんなに大勢いるの!」〉
 と憶測発言連発なのだ。なお、この二人は中央大学辞達学会の先輩・後輩コンビなのだそう。後輩の倉山に先輩の上念がツッコミをいれるという体らしい。
 ちなみに冒頭の発言は、北朝鮮の本音という文脈で飛び出したもの。"実は北朝鮮は日本とアメリカが頼みで日米同盟に入りたいのだ"などと妄想がとまらない倉山は、当面、北朝鮮は日本から援助をむしり取れるようにしたいと考えるだろう、という。
 では、日本側はどうすべきか。その交渉の例として持ち出したのが、コギャルの援助交際。日本側は「いっそ『日米同盟に入らない?』と軽くナンパしてみる交渉姿勢が望ましい」というのだ。今時、「コギャル」というのもびっくりだが、この後に、こんな記述が......。
〈上念「いまの発言はさすがに看過できないな。援助交際を助長するなんて」
 倉山「え?誰が助長しているんですか!いまの発言のどこが?」
 【※中断、しばらくお待ちください】
 上念「なんだ、そういうことか(笑)」
 倉山「人の話、聞いていませんね」〉
 なんだ、この意味不明な馴れ合い。ちなみに、この対談をまとめた単行本『説教ストロガノフ 「日本の敵」を叩きのめす!』(PHP研究所)ではこのくだりがカットされているが、ここから見えてくるのは、北朝鮮がどうのこうの以前に、女性への差別意識だ。だいたい国家間の交渉を援助交際にたとえるなんて、ステロタイプな女性観しかないネトウヨ中年の童貞的妄想といわれてもしようがないだろう。
 なお、「Voice」は14年7月号でも「断末魔の韓国経済」と"「断末魔韓国」キャンペーン"をはっているが、断末魔をあげているのは壊滅的な部数を"遅れてきた嫌韓"でどうにかしようとしている「Voice」編集部のほうである。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング