ジャニーズWEST写真集で自虐ネタ!? 関西のジャニーズがジャニっぽくない理由

リテラ / 2014年12月28日 12時0分

写真

 今年4月にデビューを果たしたジャニーズWEST。KinKi Kids、関ジャニ∞に続いて3組目の関西出身グループで、現在は『ハピくるっ!』『関ジャニ∞のジャニ勉』(以上、関西テレビ)、『リトルトーキョーライブ』(テレビ東京系)といったバラエティ番組をレギュラーに持ち、デビュー1年目とは思えぬ達者なトークを披露している。

 また、12月にはファースト写真集を発売。中間淳太と神山智洋が一緒にお風呂に入り、中間が神山にシャンプーしてあげているショットや、食堂で小瀧望にスープを飲ませる藤井流星など、全編を通してメンバーの仲の良さが伝わる作りになっており、ファンの妄想をかき立てるアイドルらしい1冊となっている。

 しかし、よーく目を凝らして見ると、ところどころにジャニーズWESTの"タブーを自虐する"ようなショットも散りばめられているのだ。

 たとえば、「趣味はダイエット、特技はリバウンド」を公言するぽっちゃりキャラ・桐山照史は、これまでアイドル誌でシャツをはだけることはあっても、基本的に腹部を出すことはなかった。しかし、写真集では、水着ショットで禁断の腹出し。写真では肉がだぶつくことも腹が出てることもなく、まるでぽっちゃりキャラへの期待をあざ笑うかのように、スッキリとした体形を披露している。

 同じく体ネタでいうと、濱田崇裕も。「ジャニーズWESTの濱田崇裕君よりなで肩の人類っているの?」というスレッドが立つほど極端ななで肩で知られている濱田。今回の写真集では、VネックのTシャツという体の線が強調される衣装で、ウワサに違わぬ驚異的ななで肩を披露しているのだ! まるでファンに自慢の肩を見せているかのような、濱田のウインクも憎めない。

 もっともタブーを感じさせるのが、ホテルの一室で撮られた藤井の写真。ベッドに寝転び、誘っているかのようなせつない表情でカメラを見上げているので、思わずドキッとしてしまうほどアイドルらしい色気のある写真なのだが、これがどうにもアノ騒動を思い起こさせてしまう。

 その騒動とは、ジャニーズWESTのデビュー翌日に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、「藤井流星の性的暴力、未成年飲酒・喫煙」だ。「文春」に掲載された写真は、白の服を着た藤井がベッドで煙草を吸っているというもの。もちろんまったく同じ構図ではないが、写真集では他のメンバーが洗面所で歯磨きをしたり、着替えていたりとベッド以外の写真が使われているのに対し、わざわざ藤井がベッド写真を担当しているのが、「あてこすり」に思えなくもない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング