AKB卒業の高城亜樹を元所属事務所ナベプロと「週刊女性」がバッシングで、逆に「ツイッター乗っ取り」発表の嘘が

リテラ / 2016年5月28日 12時0分

写真

 高橋みなみがAKB48 卒業早々、15歳年上のIT関連企業に務める男性との熱愛を「女性セブン」(小学館)6月2日号で報じられ話題になったが、もう一人、2月にAKBを卒業し5月1日には所属事務所からの独立を発表したばかりの高城亜樹にも親しい男性との親密デートがツーショット写真付きで報じられている。

 高城の熱愛デートを報じたのは「週刊女性」(主婦と生活社)6月7日号。記事によると5月12日、高城は20代くらいのスーツ姿の男性と都内のカフェに来店、まるで恋人同士のような雰囲気で過ごした後、男性の車に乗って千葉方面に走り去ったという。

 AKB卒業待っていましたとばかりの元AKBメンバーの熱愛発覚だが、たかみなの熱愛は"ラブラブで微笑ましい"トーンなのに比べ、高城の方はといえば過去のスキャンダルを蒸し返し、引退さえ臭わせるネガティブなものだった。

 例えば14年6月にTwitterでプロ野球選手たちと食事をしたことをつぶやき、合コンだと指摘されるや乗っ取り被害を主張したことや、AKB卒業を目前に控えた昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)でJリーグコーチとのお泊まり愛を報じられたことに触れ、2度も恋愛禁止の掟を破ったことでさすがに事務所もかばい切れず、その結果、事務所を辞めざるを得なかったと指摘したのだ。

「もちろん今回のネガティブ記事は、高城がつい先日まで所属していたワタナベエンターテインメントからのリークでしょう。能年玲奈もそうですが大手事務所から独立するとネガティブ記事を書かれるケースはよくあります。なかでもナベプロはこれまでも事務所を独立したタレントに対して、制裁的にスキャンダルやネガティブな情報を流すことで有名ですからね」(ワイドショー関係者)

 加えてナベプロのO取締役は「週刊女性」とは極めて太いパイプがある。たとえば13年に勃発した元モーニング娘。の矢口真里の不倫騒動などその典型例だ。

「この騒動の際、『週女』は夫婦しか知り得ない詳細な情報を何度もスクープしていますが、これは0取締役とのルートといわれています。0取締役は矢口を"浮気した性悪女"として一方的に仕立て、夫だったナベプロ所属の中村昌也を"裏切られた被害者"として最大限売り込もうとしたのです。O取締役は矢口記事に関し『週女』の編集会議にまで同席していたらしいですからね」(週刊誌関係者)

 そう考えれば今回「週刊女性」が高城の過去のスキャンダルを蒸し返し、芸能界引退さえ示唆したのも納得できる。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング