ASKAが自分を叩いた坂上忍と井上公造に言及! 坂上は「いい男」井上は「ない!」...その理由は?

リテラ / 2017年11月3日 11時1分

写真

 先月30日に放送された『ASKAが語る真実...逆指名インタビュー』(AbemaTV)が話題だ。

 これは、ASKAがインタビュアーとして指名した亀田興毅と吉田豪を相手にそれぞれと対談を行う番組企画だったのだが、そのなかの吉田豪との対談パートのなかでASKAは、逮捕時に起きたメディアスクラム、特にそのなかでも坂上忍と井上公造との関係について語っている。

 ASKAは坂上について「彼も最初叩いてくる側にいたから」と語りつつも、「でも、彼を見ているとね、色んなことをフラットに言う人だから、ああ、叩いて当然だなと。このフラットな坂上くんという人を、僕は知りたいなと思ったのね。で、自分から会いたいってアプローチしたのよ。で、会うことになって、2、3時間しゃべったのかな、だいぶ面白いわ、奴は。すごいいい男だなと思って」と、これまでのASKAと坂上との関係性の変化を振り返った。

 それを聞いた吉田豪は「ちなみに、井上公造さんとかに対してもそういう感じ?」と質問、すると、ASKAは間髪入れずに、こう言い切ったのだ。

「ない!」

 直後、ASKAは苦笑いして「ジョークジョークジョーク」と付け加えたうえで「ここであんまり語れないからさぁ」としていたが、彼が「ない!」と断言して話をシャットアウトしたのも当然だろう。井上公造はスクラムを組んでいっせいにASKAバッシングに走るメディアの空気にここぞとばかりに乗っかり、大はしゃぎで煽動すらしていた。

 そもそも、昨年末にASKAが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕・拘留された際のマスコミの報道は本当にひどいものだった。周知の通り、この件は結局、嫌疑不十分で不起訴処分となっている。

 テレビ各局はまだ逮捕状すら出ていない段階にもかかわらず、警視庁のリークに乗っかって「ASKA元被告 逮捕へ」といっせいに報道。ASKAの自宅前にはマスコミが集結。警視庁による身柄確保の瞬間まで、あらゆるメディアで実況中継されて晒し者にするという事態に発展したのだ。

 この後もASKAのブログの内容をあげつらい、まだ捜査も進んでいない段階で薬物常習者だと決めつけるような報道を続けたことや、タクシー会社に車内映像を提供させて放映したことを覚えている方も多いだろう。

 そういった報道のなか、井上は2016年11月28日放送『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)のなかでASKAの未発表音源を無許可で放送。ミュージシャンの未発表作品を本人の許可もなく勝手に流すという行為にASKAはブログで異議を申し立て、世間からも井上を非難する声が多くあがった。ちなみに、ASKAが嫌疑不十分で釈放された後、井上は宮根誠司アナと共にこの行いを謝罪しているが、それでも到底許されるものではないだろう。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング