岡田将生が腐女子受けを狙っている? 男子にキス、男子に告白

リテラ / 2014年9月15日 12時0分

写真

 岡田将生が、ウエディングドレス姿で男性とキスしたと話題になっている。岡田のウェディング姿でのキスが見られるのは、11月22日から公開される映画『想いのこし』。この映画では、ほかにも岡田が男子高校生に告白する姿やポールダンス姿も見られるという。イケメン俳優として人気の岡田だが、実はここ最近、特にBL妄想を掻き立てられる役どころを演じることが多い。

 たとえば、ドラマ『リーガル・ハイ2』(フジテレビ系)。岡田は、堺雅人演じる弁護士・古美門のライバル的存在として登場した、天性の人たらし弁護士・羽生晴樹を演じていたが、ネット上では放送中ずっと"羽生ゲイ疑惑"が囁かれていた。実際、最終回では羽生が想いを寄せていたのは古美門という衝撃的な結末を迎え、ネット上はお祭り騒ぎに。また、映画『偉大なる、しゅららぼん』では、濱田岳演じる殿の日出淡十郎と岡田演じるお供の日出涼介の主従関係に「萌える」という女子が多かった。

 さらに、現在ドラマ放送中の『ST 赤と白の捜査ファイル』(日本テレビ系)に至っては、登場する男性キャストすべてがゲイに見える......とまで言われているほど。この作品は、能力はトリプルAだが、警察内でははみ出しものの変人ぞろいとして知られるチーム"ST"を中心に事件を解決していくというもの。なかでも、そんなSTのリーダー的存在で、元引きこもりの赤城左門を演じる藤原竜也と、STの統括を任された岡田演じるキャップこと百合根友久警部のやり取りが「いちゃついているようにしか見えない」ともっぱらの評判なのだ。

 昨年放送されたスペシャルドラマ『ST 警視庁科学特捜班』から、腐女子たちの注目の的となっていたこの作品。百合根は引きこもりだった赤城に対し、10秒以内に赤城を笑わせることができたらドアを開けて欲しいという賭けを持ちかけ、見事勝利し「僕の勝ち。赤城さんドア開けて?」と頼む。それに対して、赤城はドアを開けて百合根を引き入れ、めちゃくちゃに抱きしめるのだ。「筋肉がかなり緊張している。医学的に言うと勇気を振り絞って本音を告げた状態だ」などと理屈をこねるが、実際は「感動した。すなわちお前を抱きしめたかった。でも、適当な理由が見当たらなかった」だけだという。これぞザ・ツンデレといった感じの赤城だが、それに振り回されながらもどこか嬉しそうなキャップにも「キャップは総受」「いや、世話焼き攻め」「すでに2人は結ばれている」とさまざまな妄想が飛び交うことになった。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング