『ワイドナショー』が改ざん問題で露骨すぎる安倍擁護! 松本人志は「安倍さんの足を引っ張るため」と陰謀論展開

リテラ / 2018年3月19日 10時0分

写真

 先日、安倍首相と仲良く焼肉を食べた社会学者の古市憲寿氏が、15日放送の『とくダネ!』(フジテレビ)で何かに取り憑かれたように安倍首相と昭恵夫人擁護をしたことをお伝えしたが、昨日18日、その"焼肉会食"の大元になった『ワイドナショー』(フジテレビ)も森友文書改ざん問題を取り上げ、とんでもない放送をおこなった。

 これまでの経緯からして、安倍政権擁護になることは予想していたが、今回の番組内容は予想以上のひどさで、松本人志も驚くほど露骨な安倍首相擁護発言を口にした。

 松本に弱いネットニュースなどでは肝心の部分はネグられているので、その内容を改めてお伝えしよう。

 番組ではまず、事件の概要を紹介するVTRが流されたのち、ゲストとして元通産省官僚で民主党政権時に内閣官房副長官を務めた松井孝治氏が解説をしたのだが、最初からとにかく佐川宣寿・前理財局長の独断ということにしてしまおうという意図がアリアリの展開だった。

 MCの東野幸治が麻生太郎財務相の「佐川氏の国会答弁と、決裁文書に齟齬があり、答弁に合わせて改ざんした」という発言を紹介して、松井氏に「これには無理があるんですか」と質問。松井氏が「ありえなくはない」という趣旨の解説をおこなうと、東野が待ってましたとばかりに「(佐川氏の独断が)ないことはない?」と強調し、誘導するように「誰の改ざんの指示かというと、佐川氏ってことも考えられる?」とだめ押しの質問を繰り出す。

 これに対して、松井氏が「財務省らしくはないが」とエクスキューズしつつ、「佐川局長の答弁と実際の残っている記録は矛盾しているわけじゃないですか。これがまた明らかになったらさらに、まずいっていうことで、これはもう文書から削除しようって判断した人がいたのかもしれない」と財務省による改ざんを示唆。すると、それまで沈黙していた松本人志が「これは忖度なんですか?」といかにも懐疑的なトーンで疑問をぶつけるのだが、松井氏はこれに答えて「それを忖度というかどうか。あるいはちょっと、佐川局長のパーソナリティかもしれない」と、露骨に佐川氏個人に責任を押し付けるコメントを口にしたのだった。

●改ざん問題でも立川志らくは安倍政権を一切批判せず野党を徹底批判

 松井氏は数日前のツイッターでは〈財務省は、キャリアが非常に優秀であることに加え、ベテラン職員の真面目さとモラルの高さにおいて他省を圧倒している。それが省庁の中の省庁と称される理由。それだけに、今回の問題はどうも腑に落ちないし、また今回の事件は、余りに痛ましい。〉〈そんな組織で、万一、忖度が生真面目さを駆逐しているとすれば深刻な問題です。〉などと、財務省だけではありえない要因や忖度があることを示唆していたのに、いったいどうしたのか。それこそ松本人志に忖度でもしたのか。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング