『ハイスコアガール』問題に怯むな! 勇気あるギリギリのパロディマンガ登場

リテラ / 2014年9月28日 18時30分

写真

 せちがらい世の中になったものである。他でもない、押切蓮介氏の人気マンガ『ハイスコアガール』がゲームのキャラクターを無断使用したと告発された問題だ。ゲームの販売元・SNKプレイモアが出版元であるスクウェア・エニックスを刑事告訴。同社には大阪府警のガサ入れが入ったという。

『ハイスコアガール』は一応、若者たちの青春群像を、実在のゲームとシンクロさせながら描いている作品。著作権法上、引用が許される範囲内にとどまっている可能性が高い。それなのに、警察が刑事告発にガサ入れまでするというのは何かウラでもあるんじゃないのか、と疑わしい気持ちになる。

 しかし事件の裏側はともかくとして、心配なのは、マンガ界への影響だ。というのも、こういう他の作品のキャラをパロディにしたり、オマージュとして引用したりするのは、マンガ界でひとつの文化として定着してきたからだ。商業マンガでも『さよなら絶望先生』(久米田康治/講談社)や『ケロロ軍曹』(吉崎観音/角川書店)、『銀魂』(空知英秋/集英社)、『幕張』(木多康昭/集英社)、『太臓もて王サーガ』(大亜門/集英社)などなど、他のマンガをパロッたり、ギャグにしている作品は数多く存在する。そういうマンガを豊かにする文化が今回のことで、自主規制されてしまうのではないか、そんな懸念が頭をもたげてくるのだ。

 とかなんとかいっていたら、あえて地雷源に飛び込んでいくような勇気あるマンガ作品を見つけてしまった。その作品の名は『名勝負数え唄』(モンキー・チョップ/双葉社)。タイトルからは想像もつかないだろうが、バカバカしさに満ちあふれた作品なのだ。

 侍が存在していた時代という時代設定で「剣の世界には歴史に埋もれた名勝負が存在する──この決闘がまさにそれである!!」というモノローグが流れ、主人公である無名の剣豪・片岡新蔵がさまざまな強敵と勝負を繰り広げていく。これがストーリーの骨子となる。片岡はときには剣豪、ときには忍者、ときには拳法家といった敵と対決していくのだが......。真面目なのはここまでである。敵がもう本当にどうしようもないキャラたちばかりで、2ページ目、いや下手すると2コマ目から、作品がバカバカしい雰囲気をまとうのだ。格ゲーで言う"ハメ技"使い、鳥に恨まれている鳥使い、ペニスの形をした刀をふるう妖刀使い、ラップバトルを仕掛けてくるラッパーといった具合にヘンテコキャラたちが、片岡に次々と勝負をしかけてくる。さぞや片岡も迷惑だろうと思いきや、律儀に相手をしていき、ラッパーが相手のときには自作のラップを披露する始末。ああだめだ。やっぱりこいつも変だ。

本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング