ジャニーズよりも萌える!? まさかのプロレスにハマる女子が増殖中!

リテラ / 2014年10月7日 8時30分

写真

 カープ女子という言葉が大きな話題になるなど、プロ野球ファンの女子が増えているとメディアをにぎわせた。しかし、最近はプロレスにハマる女子が急増しているようだ。『有吉ジャポン』(TBS系)や『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)などのテレビ番組でも取り上げられ、ちょっとしたブームになりつつある。

 格闘技の中でもオヤジくさい印象のあるプロレスは、これまで女性から敬遠されてきた。そんなプロレスに、なぜ今女性たちが魅了されているのか。その理由を『もえプロ 女子のための"萌える"プロレスガイドブック』(文・清野茂樹、絵・能町みね子/パルコ)から探ってみよう。

 まずやはり多いのが、単純に選手の魅力にひかれたというケースだ。鍛え上げられた肉体が好きな人は、そのマッチョなルックスから好きになることが多い。最近、プロレスラーがバラエティ番組やミュージックビデオに出演したり、『妄撮男子』(講談社)、『筋肉男子』(主婦の友社)などの写真集で取り上げられるなど、プロレス以外でプロレスラーを目にする機会が増えている。プロレスにまったく興味がなかった女子もそれがきっかけになって、プロレスにハマるというパターンが多いらしい。

 加えて、最近ではTwitterなどSNSを利用している選手も多く、プライベートや好きなものなど、リングの上とは違う素の一面を見て、好きになったという人もいる。

 たとえば、首から重さ8kgもあるチェーンをぶらさげ、"キングコング"の異名を持つ真壁刀義は、その見た目とは裏腹に大の甘党でもあるため"スイーツ真壁"としても知られている。毎回「おうッ、お前らぁーッ」で書き始めるブログでは、大好きなスイーツを食べる様子を「コレが」「コウなって」「コウなるッ☆」と段階的に自撮りでアップするマメさが受けて、大人気だ。

 また実際に試合を観戦しに行くようになっても、試合そのもの以上に試合の合間や試合後に垣間見える選手のちょっとした素の部分がいいらしい。たとえば田口隆祐は、勝利すると自分のテーマ曲にのせてオリジナルの"タグダンス"という踊りを踊るのだが、自分で考えてパフォーマンスとしてやっているはずなのに、振り付けは小さめで表情も照れくさそうなのだとか。その姿見たさに会場まで足を運んでしまうという女子もいる。会場では、アイドルのライブと同じようにうちわやマフラータオルを持ち、販売されているオリジナルTシャツを着てお目当ての選手を応援することもできるので、女性がさほど抵抗なく入り込める点もいいのかもしれない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
本と雑誌のニュースサイト/リテラ

トピックスRSS

ランキング