いつもと同じ値段なのに「広告の品・数量限定」ってアリなの?

シェアしたくなる法律相談所 / 2014年12月15日 19時7分

写真

スーパーにて「広告の品!数量限定!」とのポップをつけて、いつもの商品がいつもの値段で売られていたとの書き込みが話題になっていました。

書き込み主は、いつもと同じ値段、また、広告を出していないのに「広告の品!」「数量限定!」などと謳うことに違法性はないの?ということが気になっているようです。

今までも、安くなっているように見せて実は値下がりしていない「二重価格」が問題となったり、この手の表示は度々話題となります。今回の2種類の表示は法律ではどのように扱われるのでしょうか。

■お客さんを勘違いさせる広告はNG

「広告の品!」「数量限定!」などと表示されていると、あなたはどう思いますか?

「広告で宣伝するぐらいだから、いつもより安くなっているのだろう」「数量限定ということは、お店の利益が減らしてでも安くしてくれているか、なかなか手に入らない商品なのだろう」などと思い、購入の意欲が生じるのではないでしょうか。

お店側としても、そのようなお客さんの反応を期待していると思われます。

しかし、お客さんに対して商品が安いなどと期待させておいて、実態が異なっていれば、お客さんとしては騙されたと思うでしょう。騙されたとは言えなくとも、勘違いを誘うような手法は、消費者にとって望ましいものではありません。

そのために、不当景品類及び不当表示防止法は、事業者による不当な表示を禁じています。

■優良誤認表示と有利誤認表示とは

不当景品類及び不当表示防止法は、不当な表示としていくつかの事項を規定しますが、今回の事案で問題となり得るのは、優良誤認表示や有利誤認表示です。

・優良誤認表示

商品の品質、規格その他の内容について、実際のものよりも著しく優良であると誤認させる表示です(同法4条1項1号)。

「数量限定!」と表示されているのに、いつもと同じ商品であるなど、実際には数量が限定されていない場合には、いわゆる限定品であると誤認させる表示として、優良誤認表示に該当する可能性があります。

・有利誤認表示

商品の価格その他の取引条件が、実際の商品のものよりも著しく有利であると誤認させる表示です(同法4条1項2号)。

「広告の品!」との表示が、有利誤認表示に該当するかは一概に判断できませんが、通常は広告に表示するということは、安くて集客に役立つ商品でしょうから、そのような場合にいつもと同じ価格であれば、有利誤認表示に該当します。

しかし、例えば、そのお店の広告が、店長のおすすめ商品を紹介するものであって、安さを表示するものではないという事情があれば、「広告の品!」と表示していて価格が安くなくても有利誤認表示には当たらないでしょう。ただ、そのような場合でも、お店側にお客さんを誤認させようとする考えがあれば、どこかに有利誤認表示と評価される事情が生じてしまうと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
シェアしたくなる法律相談所

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング