スマートキーを悪用し車を盗むリレーアタック 該当する罪は?

シェアしたくなる法律相談所 / 2019年9月12日 9時34分

写真

Thief breaking into car with fist in broad daylight

昨今リレーアタックという犯罪を耳にするようになりました。

これは自動車を盗む手段の一つで、自動車の鍵を遠隔で操作する「スマートキー」から出る微弱な電磁波を悪用して解錠し、盗んでしまうものとされています。

被害事例が増えつつあるといわれるリレーアタックですが、まだまだ耳慣れない犯罪だけに「どのような罪に問われるのか」という疑問を持つ人が多いようです。

そこでパロス法律事務所の櫻町直樹弁護士に解説をお願いしました。

リレーアタックはどんな罪になる?

櫻町弁護士:「自動車を盗む新たな手法として、「リレーアタック」というものを耳にするようになりました。

例えば、時事ドットコムニュース2019年7月1日付記事(https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070101110)で、「車に触れずに鍵の開閉ができる「スマートキー」の電波を拾い、車を盗み出した」、「微弱な電波を拾って悪用する「リレーアタック」の手口で、逮捕は全国初とみられる。」と報道されています。

裁判例においては、東京地裁平成30年 6月29日判例集未搭載(ウエストロー・ジャパン裁判例データベース2018WLJPCA06298014)に、「スマートキーから発信される微弱電波を中継して解錠するリレーアタックという手法も報じられているところである」という表現がでてきます。

リレーアタックの具体的な方法は、例えば、公益社団法人日本防犯設備協会が公表している「平成28年度自動車・オートバイ委員会活動報告書 平成29年6月」(https://www.ssaj.or.jp/jssa/pdf/car-bike_h28.pdf)では、「オーナーの車両に窃盗犯Aが無線中継装置を持って近付き、もう一方で窃盗犯Bが車両から離れたオーナーに近付き、例えば、カバンの中にしまってあるスマートキーに無線中継装置を近付ける。

こうすることで、車両側とオーナーの所持するスマートキーがあたかも車両の傍にあるかのような状態が作られてしまい、ドアは解錠された上に、エンジン始動が可能となり車両が盗まれるという手口である」と説明されています。

リレーアタックへの対応として、警察庁は「2016年春から、リレーアタックが今後、国内で行われる可能性を踏まえて各都道府県警への情報共有を行っており、各メーカーに対しては、リレーアタックに対する対策を検討するよう要請している」と報道されています(乗りものニュース2017年5月28日記事「「スマートキー」の電波をリレー? 海外で新手のクルマ盗 警察庁が注意喚起」(https://trafficnews.jp/post/71880))。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング