【感動】震災から5年。三陸鉄道から卒業生へのメッセージが泣ける…

まぐまぐニュース! / 2016年3月2日 10時0分

写真

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台となった、三陸鉄道・久慈駅。毎日駅を利用する通学客であった卒業生たちへ、メッセージが立てかけられました。

東日本大震災、あの津波から5年。旅立つ卒業生に贈る、「高校卒業おめでとう」。

 

高校卒業おめでとう

 〜津波・5年・旅立ち〜

海が盛り上がって、車が流されて、そんな映像なんか見たくない。

小学生のころ、家族で見た夏の碧い海がいい。

みんな前を向いて生きろと言っても、マイナスからの出発環境なんて辛すぎる。

そんな事を言っている君たちの心の真ん中が心配です。

どうかその分”いいこと”がたくさん訪れますように・・・。

世間の波に呑み込まれないように、どうか皆様助けて上げてください。

あまちゃん北三陸駅で通学したことが、これから先、何かの機会に人生の糧となることを願っています。ほんとに、みんなみんな愛おしい。

そして”さんてつ”を利用してくれてありがとう。

心から御礼申し上げます。

高校卒業おめでとう! みんなに幸あれ!

三陸鉄道 久慈駅

メッセージを書いたのは、久慈駅の駒木副駅長だそうです。日々顔を見てきた卒業生へ、「みんなに幸あれ!」。

 

(※↓詳しくはコチラへ)

参照:三陸鉄道ブログ [鉄ログ]

関連:三陸鉄道

(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: @kyounosuke1218(@Twitter)

記事提供:ViRATES

 

メルマガ『WEEKLY ViRATES』

スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング