テスラのパワーで耳が幸せに。 世界初のテスラテクノロジー搭載イヤホン発売

まぐまぐニュース! / 2015年9月15日 12時23分

写真

花澤香菜とのコラボモデルを発売したiriverのAstell&Kernから、テスラテクノロジーを採用した世界初のカナル型イヤフォンAstell&Kern『AK T8iE』を、2015年10月下旬に発売すると発表しました。

『AK T8iE』は、beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)とコラボ製品。今回のコラボは、2社ともに妥協のないハイエンドサウンドを追求するという哲学が一致していることから実現したとのことです。

Astell&Kern AK100II KANA HANAZAWA エディション』を購入した方は、せっかくいいハイレゾプレイヤーを手に入れたことですし、いいイヤホンで聴いてみたいですよね。『AK T8iE』は、これなら間違いないという、素晴らしいイヤホンですよ。

テスラテクノロジーでBA型を思わせる音再現

『AK T8iE』の特徴は、なんといってもテスラテクノロジー。最近の高級モデルのヘッドホンを見ていると、こぞってテスラの3文字がみられます。このテスラとは、磁気回路の磁束密度を表す単位。一般的にはガウスで表され、10,000ガウスになると1テスラと表されます。つまり、すごく強力な磁気回路ということ。

このテスラテクノロジーを採用したことでどう聞こえるのかというと、ダイナミック型ながらバランスド・アーマチュア型を思わせる音再現が可能となるのです。

そんなテスラテクノロジーが小型化され、世界で初めてカナル型イヤホンに搭載されたのが、今回発売された『AK T8iE』なのです。

made in Germanyの高い技術力が要求される

どのくらい小型化されたかというと、同じくテスラテクノロジーが搭載されているbeyerdynamicのヘッドホン「T1」に比べ、リング型マグネットは約1/16に小型化。さらに11mの大型振動板は1/100mmと髪の毛の1/5の細さという極薄を実現しています。

テスラテクノロジーが採用されていることから、磁石でボードに貼り付ける演出がなされていた

この劇的な小型化に寄与したのが、beyerdynamicの技術の高さ。beyerdynamicはドイツに本社をもつ、ヘッドフォンオーディオを作る会社の中では世界で一番古い会社。ほとんどの製品をドイツにてハンドメイドで製造しています。また、ドライバーなどの部品を作るための機械もオリジナルなんだそうです。ものづくりへの計り知れない情熱を感じられます。

『AK T8iE』も当然ドイツで作られ、本機からデジタルマイクロスコープ採用し、機械ではできないハンドメイドで製造。スイス時計製造のような精密さが要求される製品とのこと。そして品質管理も徹底化されており、全ての個体で左右音量のマッチングテストや水中に本体を沈めてハウジングの密閉度を確かめる検査などを行っています。

まさにスペシャルなこの『AK T8iE』。これまでテスラテクノロジーを採用されたものはヘッドホンにしかありませんでしたが、これからは外でも気軽にハイクオリティな音質で楽しむことができるようになりますね。

また、『Astell&Kern AK100II KANA HANAZAWA エディション』と組み合わせたらどんな音が鳴るんでしょうか。もっと耳が幸せになるでしょう。

気になる価格は15万円前後。確かに高価格ですが、技術の粋がつぎ込まれています。花澤香菜コラボモデルでハイレゾの洗礼を受けた方なら、そのグレードに見合うイヤホンとして手に入れてもいいのではないでしょうか。

●infomation

Astell&Kern『AK T8iE』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング