ちょっと契約してくる。杖ついて去る爺さんがフットワーク軽すぎ

まぐまぐニュース! / 2017年11月22日 3時33分

写真

若者の間で浸透した、スマホこと「スマートフォン」。

しかし、まだ1台も所有していないという高齢者は多く、その便利さに後から気づいて契約する方もいらっしゃるようです。

そんな中、あることをきっかけにスマホの便利さに目覚めたというお爺さんのエピソードがツイッターで話題になっています。

エピソードを公開したのは、ツイッターユーザーのもへもへ‏(@gerogeroR)さん。

どんなお爺さんなのか、どんなエピソードなのか、さっそく以下のツイートをご覧ください。

素敵。。。私も、こういうお爺さんになりたい。今時の若いもんは!とならず、便利なものはすぐにでも手にいれて試したい、新しいものを受け入れよう、と柔軟な姿勢なのが素晴らしいですよね。

杖をつきながら嬉しそうに携帯屋へ向かうお爺さんの後ろ姿が目に浮かぶようで、なんだかイイお話ですね。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: Shutterstock

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング