トランプに電撃解任された元側近が警告する、中国「覇権」脅威論

まぐまぐニュース! / 2017年12月12日 5時0分

写真

先日掲載の記事「トランプ大統領が右腕「バノン首席戦略官」をクビにした皮肉な理由」で詳しくお伝えした、バノン氏の電撃解任説。あれから約4カ月、彼はどこで何をしているのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北野幸伯さんが、バノン氏の現在の様子を伝えるとともに、その行動により「アメリカに起こりうる変化」について考察しています。

バノンは、中国の「体制転換」を目指す?

皆さん、スティーブ・バノンさんを、覚えておられますか? 1年前、彼は「トランプを勝利に導いた男」「トランプの黒幕」と呼ばれていました。今年1月にトランプが大統領になると、彼は「首席戦略官」に任命されます。しかし、彼は、政権内で徐々に孤立していきました。そして、8月には、辞任に追いこまれています。バノンさんはその後、ブライトバート・ニュースの会長に戻りました。

過激な発言で注目されたバノンさん。良い点もありました。彼は、「アメリカ最大の脅威は中国であるとはっきり認識している。8月17日付 AFP=時事 に彼の言葉が載っています。

米政権内で対中貿易における強硬路線を主張する自身の闘いに言及し、北朝鮮問題での誠実な仲介役を中国に期待するというわなに陥ってはならないとして、「われわれは中国と経済戦争の最中だ」「われわれのどちらかが25~30年後に覇権を握る。このまま行けば彼らの勝ちだ」などと持論を展開。北朝鮮問題も「彼ら(中国)がついでにわれわれをつついているだけだ。一つの前座に過ぎない」と語った。

短いですが、非常に重要なことを話しています。まず北朝鮮問題について。

「中国に誠実な仲介役を期待するな」

「中国がわれわれをつついている」

つまり、「北朝鮮問題の黒幕は中国だ!」と主張している。そして、バノンさんは言います。

「われわれは中国と経済戦争の最中だ」

「われわれのどちらかが25~30年後に覇権を握る。このまま行けば彼らの勝ちだ」

そう、バノンさんは、「中国こそが主敵であること」を、おそらく誰よりもはっきり認識している。一方、クシュナーさんは、ビジネスのつながりがあるため、ここまで中国に強硬になれない。中国は、バノンさん解任を大いに喜んだことでしょう。

バノンさんは、中国の「体制転換」を目指す

さて、政権を去った後、バノンさんは何をしているのでしょうか? 面白い情報を見つけました。

中国の「体制転換」目指す大富豪、郭文貴氏 独占インタビュー

12/10(日)12:25配信

 

【AFP=時事】祖国中国の高官の汚職を非難し、現在は米国で政治亡命を申請中の大富豪、郭文貴(Guo Wengui)氏がニューヨークでAFPの独占取材に応じ、世界最大の人口を持つ中国の「体制転換」と民主主義の導入を目指していると語った。

アメリカに政治亡命を申請している中国人大富豪、郭文貴さんは、中国の体制転換民主主義導入を目指しているそうです。この郭文貴さん。不動産で財を成した方で、2014年には「中国で74番目の大富豪」でした。当時の資産は、約2,550億円。

ニューヨークのセントラルパーク(Central Park)に面した高級アパートでAFPの取材に応じた郭氏は、「私は法の支配を手にしたい。民主主義や自由を手にしたい。体制転換……それが最終目標だ」と語った。郭氏は年内に立ち上げ予定の新たなメディア・プラットフォームを使って中国の共産主義体制の欠陥を明らかにすることで、3年以内の目標達成を目指している。

(同上)

3年以内体制転換」を目指しているそうです。ここからとても興味深い話が出てきます。

郭氏は意外な「味方」がいることを明らかにした──ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の側近だったスティーブ・バノン(Steve Bannon)前首席戦略官・上級顧問だ。郭氏はバノン氏とこれまでに10回会い、計画中のメディア・プラットフォームについて話し合ってきたという。郭氏は、「ご存じだろうが私は金持ちだ。この(プラットフォームの)ために大金を準備してきた」と語った。

(同上)

郭文貴さんはバノンさんと組んで中国の体制転換をめざす。「体制転換」はともかく、郭文貴さんとバノンさんのプロジェクトはうまくいくかもしれません。まず、二人の目標目的は同じである。郭文貴さんには、プロジェクトを始めるお金がある。

「体制転換」運動の展望は?

このプロジェクトがうまくいったとして、どの程度影響力をもてるのでしょうか? まず、中国国内には、「ほとんど影響をおよぼせない」でしょう。なぜ? 中国は、メディアを統制しているからです。

ちなみに、元ユコス社長のホドルコフスキーさん。プーチンに逆らって投獄され、シベリア送りにされた。2013年末に、釈放されました。彼は、ロンドンに逃れ、熱心に「反プーチン運動」を行っています。しかし、ロシア国内では、まったく影響力がありません。そう、ロシアメディアは統制されているので、国民はホドルコフスキーの流す情報に接触できないのです。

郭文貴さん、バノンさんのプロジェクトも同じで、中国国内への影響は、限定的になるでしょう。しかし、欧米人の中国観を変えるのには大いに役立つ可能性がありますね。むしろそっちに力を入れるべきだと思います。

というわけで、今回は、「バノンさん、今何やってんの?」という話でした。

image by: Flickr

MAG2 NEWS

まぐまぐニュース!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング