阪急百貨店創業者・小林一三はなぜカレーライスを安く売ったのか

まぐまぐニュース! / 2018年1月16日 21時0分

写真

商売を手がける人なら誰もが知る「損して得取れ」という極意。しかし、この言葉に込められた真の意味について知る方はあまり多くはないようです。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、かつて「損して得取れ」を実践したという阪急百貨店の創始者・小林一三氏のエピソードを取り上げ、「商売で最も大切なこと」を考察しています。

商売の極意「損して得取れ」とは?

古くからのことわざでもあり、商売の極意と言われる言葉「損して得取れ」とはどういう意味なのでしょうか。商売上では、俗に目玉商品でお客さまを惹きつけ、他のものも売れることを期待するという意味で使われますが、本当にそうでしょうか。

本来は、それほど単純な一時のセールのような意味合いではなく、長いスパンで考える奥の深い言葉なのです。お客さまを喜ばせることに全身全霊を傾けそれを続けることでやがてお店が儲かるようになることを意味するのです。お客さまを喜ばせることはすぐに結果のわかることではないので、「損して」という表現となっているだけです。その時は一方的な奉仕となりますが、将来的にはお客さまからの感謝のカタチとして、お店を利用し続けてもらえるようになるのです。

そんな「損して得取れを実践していた商売人がいます。阪急百貨店の創始者である小林一三氏です。彼は集客力の落ちた百貨店を復活させるために、秘書にあることを命じます。

大阪中のライスカレーを食べ一番美味しい店はどこかを調べてこい」。

数週間後、秘書が一番美味しいと思うお店を小林氏に報告したところ、彼はそのお店を阪急百貨店の食堂に入れ、しかも、そのお店の4割安い値段で売り出したのです。大阪で一番のお店の味なので、当然のごとく「阪急のカレーは安くてうまい」と評判になり、お客さまが一気に押し寄せるようになったのです。ライスカレーは安く売る分赤字となりましたが、百貨店全体の売り上げは大きく伸びたのです。

この話では、ライスカレーでお客さまを釣ったように感じるかもしれませんが、そんな底の浅い話ではありません。まず、大阪で一番美味しいお店を探させたこと。やるからには最上級のことをやろう、という意気込みが感じられます。そして、4割も安い価格で提供したこと。美味しいだけでも集客力はあるのに、安くすることでお客さまをもっと喜ばせようとしたことです。

「目玉商品」というと、安くすることばかりを考えてしまいますが、彼はお客さまを喜ばせることを目玉にしたのです。

ライスカレーは大損していますが、笑顔のお客さまが増えたことは、大きな得となったのです。

image by: Wikimedia Commons

MAG2 NEWS

まぐまぐニュース!

トピックスRSS

ランキング